2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

月別アーカイブ: 3月 2014

引き続きそこにあるもので・・

前ブログに引き続き
農園 杉・五兵衛さん、
そこにあるもので・・・

焼きいもも、薪オーブン焼き。
石窯焼き焼きいもは格別です。

***

そして、様々な柑橘も農園で栽培されていらっしゃいます。

丸ごと茹でてアク出ししてから

杉・五兵衛柑橘シロップ
お湯で割って、ホット柑橘。
炭酸で割って、シュワシュワ柑橘。
***
自家製レモンと自家製生姜とはちみつで

蜂蜜ジンジャーレモン

お湯割りで、じーーーんと暖かぽっかぽか。

*****

どれもこれも

その日に出会ったはじめましての食材で

即興料理メニューでしたが、

素材が素晴らしく

ワクワク気分でお料理♪

***

帰り際には

杉・五兵衛さん自家製スイーツと珈琲を頂き

ドイツ製の石窯を見せていただいたり

ゆったりした時間を過ごし

その地を後にする時には

とっぷり日も暮れようとしていました。
*****
新しい出会い、素敵な一日

ありがとう。

*****

カテゴリー: 季節の写真集, 小さな石窯, 料理, | 2件のコメント

そこにあるもので・・・

薪オーブン homra炎~ほむら のある場所は

大阪府枚方市 農園 杉・五兵衛さん

水が流れ、田んぼがあって、畑があって、鶏がいて、ロバがいて、竹林があって

四季の果樹があって・・・・・・

そこにあるお野菜で・・・・

即席、薪オーブン料理。

そこにある、里芋と

杉・五兵衛さんの自家製味噌で

里芋の、甘味噌和え薪オーブン焼き。

****

地鶏とお野菜で・・・・

薪オーブン 野菜スープ。
奥は、ジャガイモ丸焼き。

******

地鶏の卵は

お塩に埋めて、薪オーブンで温泉卵に・・・

*****

野菜そのまま焼き

その場で収穫された、食材で即興料理。

*****

薪オーブンと素晴らしい素材があれば
それでいい

****

必然、その場の雰囲気もなごみます。
*****

当日ご一緒だった皆様

有難うございました。

ほむらは、杉・五兵衛さんの一員として
”美味しい幸せ”提供のお手伝いが出来る事を願っています。

****

そして・・・

いぶし銀、筋の通った のじま園主様
いろいろと有難うございました。

******

帰り際

「お野菜美味しかったの。ありがとう」と

わざわざ、言いに来てくれていた子供たち。

****
<炎~ほむら>がこの先ここで

こんな風景を沢山沢山描き、綴っていく気がして

心も、風景と同じほんのり春色になりました。

カテゴリー: 季節の写真集, 小さな石窯, 料理, 石窯体験教室 | コメントをどうぞ

枚方ほむら村

この連休中
枚方市は快晴。

一足、二足、

福井よりも春が早く来ていました。

風に揺れる青竹も春のざわめき。

********

渋滞の道路の角を曲がると、

街のざわめきが嘘みたいな

そこは、桃源郷。

タイムスリップしたみたい

時の流れがまるで違う

その場所に・・・・

炎~ほむら

がお嫁に行きまして、

新しい、ほむら村誕生!!

*****

ほむらがスッと馴染む場所でした。
その場所の紹介は、次のブログにて・・・・・

カテゴリー: 季節の写真集, 小さな石窯, 石窯体験教室 | コメントをどうぞ

新商品発表

先日、福井農林総合事務所にて

私も関わらせていただいた

二つの新商品の発表会が開催されました。

****
当日は、記者発表も兼ねていましたので

テーブルコーディネイトもさせて頂きました。
******

先日、二子玉川でも大好評だった
禅の町、永平寺町の若鮎加工グループさんの

「精進惣菜」

商品化ブラッシュアップにあたり、

少量パックにしたり、

保存料を使わず賞味期限を延ばす工夫がされています。

↑ 試食コーナー

****

いずれも

越前漆器のお膳やお皿、お重を使い、越前和紙をクロス代わりに使い

永平寺町里山の葉っぱをあしらいました。

********

********

もう一つは、

商品作りの最初から携わった

ワトム農園さんの

<amazing gazpacho>

アメイジング ガスパチョは

いずれも、カラートマトから出来ているトマトの冷製スープ。

******
カラートマトから産み出された

五つの魔法は、HPをご覧ください。→ ポチッ

*****

その想い、そして当日の様子は3回のブログをご一読くださいね。
ワトムブログ → ポチッ ←vol,2 vol,3へと続いてください。

*********
*********
当日の会場は、熱気に包まれておりました。

これからが大切なので、気を引き締めて
共にここまでやってきた方々と、より良い方向へと

歩んでいけたらと思います。

******

***********

そして、

これを召し上がった方々と、

美味しい幸せを共有できますように・・・

カテゴリー: 保存食, 季節の写真集, 料理 | 4件のコメント

福井の伝承料理フェアー

3月6日~12日まで

二子玉川 旅するキッチン オカッテさんにて
福井の伝承料理フェァーが開催されました。


フェアー前日、閉店後の準備風景

店頭では

永平寺町 若鮎加工グループさんの「精進惣菜」や

越廼漁協 ぬかちゃんグループさんの

「しいらへしこ」「千日鯖へしこ」「イカオイル漬け」「甘塩イカ」等々
今庄おばちゃん蕎麦、麦茶も販売されました。

一方、キッチンでは

それらの食材を使ったランチを提供

私は、ランチ提供の先発隊として
前日の準備から、四日間上京し店頭に立たせていただきました。

今回の私の任務のひとつは、
この後にランチ提供する永平寺のお母さん方が
混乱なく提供できるように、オペレーションを創り上げる事。

料理だけでなく
器は、越前漆器を持ち込み、
ランチョンマットとメニューには、越前和紙を使い
箸置きと、料理には永平寺の葉っぱをあしらいました。

小さな心使いですが、
これも、皆様に喜んで頂けたひとつの要因かもしれませんね。

お陰様で連日ランチも完売のうちに、一週間を終えることができました。

******
若鮎加工グループ、越廼ぬかちゃんグループの方々
そして、県や町、中小企業中央会、国の支援機関のご担当の方々
オカッテさんの方々、
いろんなやる気のある方々、想いのある方々の、
結束力の賜物だと思います。

*******
*********
そしてフェアー期間中、様々な方々が来てくださいました。

***
「食の文化遺産 福井編」でお世話になった
料理通信社さんは、ご来店以外にもFBでの告知もしてくださいました。

他にも、食ライターさん、食カメラマンさん、雑誌社食担当の方
海外の食に通じた方、地方のブランド化を支援されていらっしゃる方
そして、ライブで来られて以来、福井を大好きになって下さった、

素敵な女性は美味しいパンを手土産に・・・・
****
皆様、お忙しい中本当に有難うございました。

*********
感度の高い方々が、福井の食に関心を寄せて下っています。

それは、作りこまれたお料理ではなくて
<風土が育んだ料理が、いまだ息づいている>
そういう部分なのではないかと、思いました。

**********
今回上京してくださった様な世代のお母さんたちから
その地域で、次の世代にもバトンが渡せるように

途絶えないように
出来る事を一緒に考え行動する人々・・・
必要ですね。
*********
*********

カテゴリー: 保存食, 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ

パンとチーズ頂きました

先週は、

東京 二子玉川 オカッテさんでの
「福井の伝承料理フェアー」の為上京していました。

その時の様子も、UPしたいのですが

その前に・・・

東京で、ランチに来て下さった方から頂いたパンと

福井に帰って <有難う>のメッセージと共に頂いた、
北海道の酪農家さんのチーズ

お二人とも有難うございました。

写真でお分かりの通り
本当に美味しく美味しく頂きました。

組み合わせ最高の二品が
同時に手元にやってきました。

幸せです。

カテゴリー: 料理, 未分類 | コメントをどうぞ

永平寺町 葉っぱ寿司試食会

禅の町 永平寺

その地で昔から祝い事等で食べられていた伝統食

アブラギリの葉っぱで包まれた押し寿司

[葉っぱ寿司]

の試食会が先日開かれました。

四つの地元の女性グループを色別にして

包み方、酢の効き方、マスの大きさ、生姜の切り方入り方、ご飯の量等々・・

・・・・・

自分の好みを見つけていきます。

毎回思うけど、食べ比べって本当に難しい。

この日は、地元の調理専門学校生も参加。

若い方々の意見も今後に生かされます。

そして、報道機関各社の取材も数多く、県内注目度も高いと感じました。

グレードUPした 永平寺 「葉っぱ寿司」が誕生予定という事で

今後がますます楽しみです。

==============

===============

先日とある日、本屋さんで立ち読み ↓

健康長寿が売りの福井県

何が掲載されているのかと思って開いたら

あら 我が家のお皿・・・・

以前に撮影した写真でした。
<レアチーズケーキのムースにしてもおいしい>の言葉が 写真横に!!!

それはこの事です。→ポチッ ←最後のレシピを見てくださいね♪

カテゴリー: 季節の写真集, 料理 | 2件のコメント

漁村の伝統食の今までと今とこれから

先日、アオッサにて

越廼(こしの)漁協 あまいかグループ&ぬかちゃんグループ主催

越廼の漁村文化の伝承と魚食文化の継承を目的としたイベントが開催されました。

講演の後、

越廼の伝統的な食と、新しい食べ方の提案試食会は

予想を超えるご参加の方々で、すごい熱気です。

越廼の港で揚がった魚だけを 糠漬けにしてへしこに加工。

地元での食べ方は、ぬかちゃんグループの方々が調理、

私は、新しい食べ方のほうを担当し

同じテーブルには、両方の様々な料理がズラリ勢揃いです。

イカへしこピザ ↑

イタリア野菜(生)を散らし一緒に食べるとより美味しい。

「イカへしこオイル漬け」「シイラへしこ粕漬け」を使い

*蕎麦ペペロンチーノ

*ピザ

*イタリア野菜のサラダ

*半殺しポテトあえ

*アボカドチーズブルスケッタ

「甘塩イカ」を使い

*エスニックイカ野菜炒め

最後に皆様に書いて頂いたアンケート中

Q、越廼の水産加工品や越廼地区の伝統料理に対する印象は変わりましたか?

の質問に対し ほとんどの回答が

A.① 変わった。越廼の水産品や加工品を買って実際に料理したいと思った。

だったそうです。

****

越廼あまいかグループさんからは

当組合の水産加工事業を展開するうえで大きな指針となった。

越廼の未来へつながる一日でした。

との、メールをいただきました。

=======

新商品が売れて

売り上げが上がることはもちろん必要ですが

その上で、ひとつの商品が産まれる事で

見えない ”事” が動いていく。

========

後々振り返ったら、

今があるのはあの時がキーポイントだった。

========

そうなっていったら、それが一番嬉しく思います。


カテゴリー: 保存食, 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら