2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

月別アーカイブ: 4月 2013

薪オーブン <炎~ほむら>がやってきた。

藤の花が満開です。

周辺には、甘~~い、魅惑的な香りが漂う。

 

その香りに誘われて・・・

蜂達も、蜜集めに忙しい。

人の気配なんか気に留めず、香りに酔った一心不乱っぷりがカワイイ。

 

 

一日に幾度となくこの下を通るのですが、

時に、ほんの数秒だけこの下で立ち止まり、目を閉じ

香りのシャワーを浴びて、ブンブンと蜂のせわしない羽音を聞く。

そんな数秒でも、気持は和らぐ。

 

 

季節ごとの、身近なこんな数秒を見つけるのも、

日々の小さな愉しみ

 

 

こんな心地いい季節、野の花工房にやってきたのは・・・

薪オーブン <炎~ほむら>

 

初火入れは、29日の【小さな石窯体験教室】

<炎~ほむら>大活躍の様子、次回ブログでご紹介しますね。

 

========

<直前のお知らせですが>

私がバリ島訪問時に、いつもお世話になっている

バリ島在住(福井出身) 高島由美さんのお話会が開催されます。

今回、帰国に合わせ、無理を聞いていただきました。

 

【インドネシア バリ島の珈琲や暮らしの事】

5月 4日 (土)19:00~20:00

参加費 千円(珈琲&お菓子とお土産付き)

場所 カフェノーツ(福井市 花堂)

(↑ 4月初め、バリ山奥の珈琲豆。7月頃には赤く熟し、いよいよ収穫です)

 

なかなか面白い、リアルな話が聞けます。

こんなチャンスはめったに無い!!

直前ですが、お気軽にご参加下さい。

 

お申し込みは、カフェノーツ もしくは、野の花工房まで

カテゴリー: 季節の写真集, 小さな石窯, 石窯体験教室 | コメントをどうぞ

各地、各シーンでのインドネシア料理

多彩なインドネシア料理。

 

毎回発見いろいろ

 

蟹の黒胡椒煮が有名な、ジャカルタのレストラン。

屋台から始めて評判になり、今や繁盛レストラン。

ローカルの方々でごった返していました。

 

↑ バリでの朝食、市場メシ。

 

バリのおもてなし 家庭料理

(ビールはビンタン)

 

バリ観光地でのランチ

 

↑ バリ山奥の民家の台所

 

↓ そこで頂いたお昼ごはん。

最高に美味しかった、その家のお母さんの料理。

 

↑ コマンちゃんの家庭料理。

 

↑ 激辛だけど、香辛料たっぷりで奥が深~い パダン料理。

バンドン市内の人気店は、店内もテイクアウトも大盛況。

 

↑ バンドン市内のスンダ料理レストラン。

ローカルの方の食べ方をまねて、手で食べてみました。

今回は現地の方に食べ方のコツを聞き

あまりこぼさず、少し上手になったかも・・・・。

 

市場内の、テンペイゴレン屋さん。

テンペイは大豆の発酵食品、ゴレンは揚げる。

 

驚きの色使いは、南国ならでは?

バンドンの有名なお菓子屋さん。

 

その土地の空気を感じながら、

見たり 食べたり、話を聞いたりする事で

自分の中のどこかに、インプットされ蓄積されている感じがします。

 

毎回思う事は

やっぱり家庭料理が一番好きで、興味が沸くという事。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集 | コメントをどうぞ

市場

その土地の市場を見て歩く・・・

 

バリ島山奥の市場

 

野菜や果物、揚げ物

山積み。

 

陳列に工夫がこらされていて楽しい。

 

香辛料も色とりどり。

焙煎したカカオの実も売っていました。

 

そして・・・

ここは、ジャワ島の中都市バンドンの市場。

 

イモ類も豊富な種類がありました。

 

ビーツもありました。

どんな料理に使うんでしょうね。

 

手前は大きなアボカド。

チョコーレトと一緒にジュースにして飲みます。

これが美味しいの!

 

高原野菜の産地らしく、葉物野菜がどれも新鮮なのが印象的でした。

 

市場内に人が集まればそこはお店。

お洋服売りのお兄さん。

 

そして ↑ この人が売っているのは・・・・

 

ブラジャーでした。

 

ブラもカラフル。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集, 未分類 | コメントをどうぞ

ジャカルタで出合った日本食

日本の食べ物が海外で注目されていますが、

ここ近年インドネシアでも、例外ではないと感じています。

 

今回は、その事も自分なりにリサーチ。

ジャカルタホテルの朝食ブッフェの寿司コーナーにあった

wasabi は、彫りの装飾。

その他、紅生姜もありました。

 

”なると”  も!!

 

 

お寿司コーナーの お隣には・・・・

onigiri コーナー。

若いお兄さんが、”ぎゅ、ぎゅーーーっ ”と力を込めて握っていました。

左奥は、なんと全面七味唐辛子のおにぎり!!

 

日本食 = お寿司のイメージ ですが

おにぎり、お弁当も加わりつつあるみたいですね。

 

ジャカルタ中心街のショッピングセンター内のレストランメニュー

そう”かなり”でもない気もするが・・・

 

その他に、「優れた醤油でポシェ日本イカ」というのも・・・

謎のポシェ???何ポシェって??

 

↑ 間もなくオープン 日本食レストラン。

右のマークは、もしかして桜がモチーフ?

黒の花びらに、てんとう虫みたいな柄が !!

 

このセンスは日本人ではないと思われ、

なんちゃって日本食レストラン増殖中。

これからも、日本食のブームは続きそうですが

その国の人々の手によって、その国の食材で

違う日本食が誕生しています。

 

インドネシア日本食、今後の動向に注目です!!

カテゴリー: インドネシア, 料理 | コメントをどうぞ

バリの子供たち

 

今回は移動の多い旅でした。

 

韓国インチョンを経由して・・・

ジャカルタ → バンドン → バリ → バンドン → ジャカルタ

再び 韓国経由で小松着

 

遅ればせながら、印象的だった事柄を

いくつかブログに書いていこうと思います。

======

 ↑ 「油とって来たよー」

 

バリの子供達は、家のお手伝いをし、よく働きます。

 

店番

 

お供え物作り。

 

自分より年下の子供の世話。

 

掃除

 

お料理の下ごしらえ

 

そして、敷地内の神様へのお供え物とお祈り。

 

見ているこちらまで、気持が清々しくなる子供達です。

 

異国のオバチャンは、貴方達に学んだよ!

 

=======

小さな石窯体験教 2013 春

詳細が決まりました。→ ポチッ

 

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集 | 3件のコメント

完売御礼

お天気に恵まれ、多くの方々で賑わった一日でした。

 

野の花工房のテント ↑

 

当工房出来る限りの数をご用意し望みました。

 

 

久々の石窯火入れ、そして焼き込み!!

手間仕事にはなりますが、この表情&香りは何ものにも変えがたいと改めて体感。

 

しかし、やっぱり石窯は体力勝負ですね~。

 

 

販売開始前から、多くの方が当工房前に並んで頂き、

本当に感無量。感謝の気持で一杯になりました。

(平常心に見えたかもしれませんが、心中ウルウル&ドキドキでした)

 

遠くから来ていただいたり、仕事中に抜けて下さったり

いろいろなお声賭け頂いたり・・・・・

 

本当に皆さま有難うございました。

又何かの折にお目にかかれたらと思っています。

 

=======

↑ お市の方役 高橋愛ちゃん ベストショット逃すの絵

 

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | コメントをどうぞ

野の花石窯久々火入れ

福井時代行列にあわせて行われる
【ふくいパン祭り】の石窯ぱん焼き込みの為に

 

大きな野の花石窯に今朝火が入りました。

日中からずっと薪をくべ・・・

 

23時半現在二百度ちょっと。

 

そろそろダンパーを閉めて、明日の焼き込みに備えます。

 

お天気も今の所よさそうで一安心。

 

見頃は過ぎましたが、

はらはらと散る最後の一片も、新緑へ繋がる風景。

 

お時間あれば是非いらしてください。

11時から販売開始です。

=========

=========

旅のブログは、又ボチボチと・・・・・

=========

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | 2件のコメント
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら