2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

月別アーカイブ: 1月 2013

森のお肉の料理教室

福井県農林水産部農林水産振興課 鳥獣害対策室 主催

「森のお肉のごちそうレシピ」料理講習会が開催されました。

定員の30名を超えるご参加を頂きました。

 

ジビエ料理への関心の高まりを感じます。

↑ シカ肉の塩麹漬けとベリーソースを最後に合わせているところ。

シカ肉は低温からゆっくりと火を入れるのが

柔らかお肉にする為のコツ!

 

 

福井県産のイタリア野菜が彩りを添えます。

皆さん手際よく進めてくださり、

予定通りの時間で作り終え、試食へ!!

 

各テーブルでは、ジビエ談義に花が咲いていました。

 

女性に混じり、

猟師の方、農家の方、農業の専門家の方等の多才な男性陣・・・・

様々な方にもご参加頂き、ふくらみのある料理講習会になりました。

 

「来年は、ウサギがいい!」

なんてマニアックな希望も最後に飛び出して・・・

それに即答猟師さん  

「ウサギか~。タヌキなら!」

「タヌキはいいです!」(爆笑)

 

とってもいい雰囲気の講習会でした。

皆さま有難うございました。

 

カテゴリー: 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ

寒くてもへっちゃら ローズマリー

冬でも元気。いつでも元気、深緑

我が家のローズマリー。

わっさわさ。

 

時々、引きちぎって使ってます。

↑ 小さいフォカッチャに、トッピング。

 

この深い緑、焼いても色落ちしなくて優秀!!

そして、独特の香りもたちこめる。

 

フォカッチャの穴は、オリーブオイルの溜まり場所。

溜まってます??

溜まってますね。

岩塩と、ローズマリーと、オリーブオイルを、パン生地と一緒に

パクッ!と食べれるサイズです。

 

穴ぽこぽこ、まん丸がカワイくて、そこが魅力のパン。

そして・・・・・・・

重なり流れるラインが素敵で、そこが魅力のパン。

 

味のほかにも、魅力様々 パンの表情。

カテゴリー: その他のパン, 季節の写真集 | 2件のコメント

酒粕の唄、フキの唄

知らない方がほとんどだと思いますが、

吉田拓郎 「フキの唄」

http://www.youtube.com/watch?v=aGGGnR7Cz8Y&feature=share&list=PL93E81B5CA1C449E3

↑ 単調な唄ですが、最後までお時間ある方聞いてみて

 

♪ ***** ♪ ******* ♪

日々の暮らしの中で ふっと息を吸い込むと

 人間は果てしない 欲張りで

 足りないものがある そこが我慢出来なくて

 何もかも 手に入れたいと思ってる

 

僕が子供だった頃 日本は貧しくひ弱で

お金もなく片寄せあって生きていた

物が足りないのは みんな一緒だし普通だし

何よりも 平和が大切でありました

♪ ***** ♪ ******* ♪

♪ ***** ♪ ******* ♪

僕はフキが大好きです 毎日でも食べたくなる

フキは茎だけでなく 葉っぱもとてもおいしくて

僕は竹の子も大好きです 毎日飽きる事はなく

柔らかいとこだけでなく かたい根っこのあたりも

大好きです

 

短い旬の味は その季節まで待てばいい

人の世は 常に満たされなくていい

何かが足りないからと それが今ここになくても

大丈夫 心が貧しくならなけりゃ

♪ ***** ♪ ******* ♪

♪ ***** ♪ ******* ♪

人が生きる道もまた おいしい事ばかりじゃない

足りなくて 満たされぬ日が多くある

何かが足りない時も その事を受け止めたい

何もかも  求めすぎずに おだやかに

♪ ***** ♪ ******* ♪

今の私なら、酒粕の唄!?

 

私は酒粕がだいすきです 毎日でも食べたくなる。

昔は母とストーブで 焼いてお砂糖つけて食べてたな。

酒粕は、甘酒にもなります。

ミルキーさを加えた甘酒は、毎日でも飲みたくなる。

      kiyomi

 

==========

フキの唄、昭和30年代産まれの私には

実はとっても、とっても深い唄に聞こえます。

=========

カテゴリー: 季節の写真集, 料理 | 2件のコメント

お酢の蔵

調味料好きです。

世界の調味料、日本の調味料、何にでも興味津々!

ちゃんと作られた調味料を使うだけで料理が変わるんです。

 

=====

先日、

以前から愛用しているお酢の蔵を見学する機会に恵まれました。

その商品を使う度、

お酢作りへの真摯な姿勢がジンジン伝わっていました。

(↑ あくまでも個人的な感覚ですが・・・・)

 

襟をを正して、ご説明の後に蔵見学。

 

 

もろみの発酵を経て酢酸発酵。

お酢は酒から出来ている。

二度目の発酵

酢酸菌の力で、お酒からお酢へと変わっていく。

静かに静かにゆっくりと、

長い時間をかけ、

決して急がす菌の力を借りて御酢になる。

 

酢酸菌は呼吸しながらアルコールを酸に変えるそう

空気がダイスキ<好気性菌>

だから空気に触れてる表面だけで働く菌

 

ここでは、かき混ぜて強制的に発酵はさせない

<静置発酵>

(↑ つまり時間がかかる)

はじめまして、酢酸菌。

空気面で盛んに活動、元気そう。

そして貴女、なかなかモダンな柄ですね。

 

いろいろな質問にも丁寧に分かりやすくご説明頂きました。

日頃「そーだろうなーっ」て思っていたことがハッキリ確認できまして、満足。

やっぱり私、<菌&発酵>フェチ!?

 

すすすすすすすすすすすす

日本古来の調味料。

お米から出来るお酢。

すすすすすすすすすすす

 

きちんと作られ管理されている調味料は

素晴らしい!!

 

お時間割いていただき有難うございました。

これから更に心して使わせていただきます。

カテゴリー: 季節の写真集, 料理 | 3件のコメント

炊飯器で・・・・

昔大活躍の一升炊きの炊飯器も、

今ではほとんど出番無しですが

久々に登場!!

 

でも中はお米じゃない。

冷凍してあった カッチンコチンの黄金の梅と氷砂糖。

 

保温すること半日

フルーティな香りが・・・・炊飯器から。

梅シロップの出来上がり。

超簡単で失敗無し。

 

 

寒い冬に、初夏の香りも悪くない。

フルーティ、フルーティ。

冬には、ホットで・・・

 

季節はずれの、ウメシロップもいいもんだ。

カテゴリー: 保存食 | 2件のコメント

芽吹き

積もる雪もない晴れ間

この季節、福井では貴重なお日様。

気持のいいお天気です。

 

 

吹雪く中、雪かきしててもおかしくない一月中旬ですが・・・

バラエテイーに富んだ雪かき道具も、今は出番待ち

 

 

このまま春になる事はないでしょうが・・・

芽吹きを探すのは、そう難しい事ではありません。(^^)

 

=========

食工房野の花 ホームページ プチリニューアルしました。

http://www.ishigama.com/

=========

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ

里山の事も考えてみるレシピ

【森のお肉のごちそうレシピvol.2  & ふくいジビエガイド】

 

福井県農林水産部農林水産振興課 鳥獣害対策室 

より発行されました。

 

レシピ1、<塩麹漬け森のお肉のベリーソース添え>

http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/nourin/jyu-guideline_d/fil/010.pdf

レシピ2、<森のお肉の越前そば焼き>

レシピ3、<森のお肉のソーセージと根菜スープ>

http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/nourin/jyu-guideline_d/fil/011.pdf

 

上記のレシピ作りに関わらせて頂きました。

 

県内各市町村、農林総合事務所等にありますので

見かけたら手にとってみてくださいね。

 

このリーフレットを手にして、

里山の現状に少しでも関心を寄せて頂けたら幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

無国籍料理 + ちょこっとお節

三が日を過ぎた頃から、

お節とお雑煮以外が食べたくなってきますよね。

 

そんな時の新年会メニューは・・・・

ちょこっとお節と無国籍料理。

内輪の会は、気軽に気軽に。

 

↑ サイコロ牛の、黒胡椒煮。

お肉が沈む、とろとろ黒胡椒ソースは、

パンに付けたり、パスタを絡めたりして

肉無き後も美味しいメニューに変身可能の万能ソース。

 

塩麹とスパイスに漬け込んだ豚肉のお野菜煮込み。

昆布の出汁もきいてます。

 

↑ アボカドと、ロマネスコやイタリア野菜のサラダ。

 

↑ マンゴーと、ハーブクリームチーズのサラダ。

(ピンボケです、すみません)

紫人参やズッキーニ、イタリア野菜のピーラーサラダ。

 

↑ 差し入れして頂いた、トマトのコンポート。

 

野菜と香辛料をいっぱい体内に入れて、

そろそろ本格始動する、2013年に気合!!

 

他に、海老のウコンスープや、白菜のピクルスとか

なんやかんやもありましたが・・・・

 

終わってみれば、会話弾みすぎて、画像ナシのていたらく(++)

気合入ったのか?入ってないのか??

 

今年も、ユルユルの野の花ブログですが、

どうぞ宜しく願いします。

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

夜明けから日の出へ

謹賀新年

===========

 

========

夜明け前の空は、四方が真っ暗

東西南北、目に映るのは暗黒の空

でも、東の空にカメラを向けると

暗黒の肉眼と違い

カメラの目には、こんな素敵な空の色に見えているんですね。

 

 

その後間もなく日の出を迎える。

とある寒い冬の日の朝。透明感溢れる朝。

@我が家の裏手から。

 

人の目には真っ暗闇にしか見えなくても、

ちゃんと明るく照らすお日様は控えてる。

 

その方角を観よう!!

その方角を見極めよう。

自分で決めた路を進もう。

 

今は雪道。

でも、次なる季節の春には、野の花咲く路になる。

きっと

======

 

このブログを読んで下さった皆さまにとって

幸多き 2013年になりますように!!

=====

カテゴリー: 季節の写真集 | 2件のコメント
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら