2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

月別アーカイブ: 8月 2012

お魚BBQ シェアする気持

小さなバリの漁村

夕暮れ時の海岸で

火を熾す宿のオーナー

 

そして波打ち際では

一匹の魚をさばくお兄さんと、それを見ている子供達。

 

聞けば今からBBQをするとの事

「何を焼くのかな~??」と、私は興味津々

 

そのうち 日もどっぷり暮れ初め

子供達ははしゃぎ廻り、大人たちは火の回りでおしゃべり

 

ゆったりした時間が流れていました。

で、結局焼いたのはこのお魚一匹!

 

ちょっとビックリしましたが、

オーナーは「一緒に食べよう!」と誘ってくれました。

がしかし、さすがでこの人数でお魚一匹なので遠慮しその場を去りました。

 

焼けたお魚と、ミーゴレンとサンバル。

みんなで楽しそうに分け合って食べていました。

 

 

近くのテーブルで食事をしていた私達にも

どうぞと、差し出してくれた一皿。

 

焼いたのはたった一匹のお魚だけど、

シェアする気持が嬉しい、心温まる出来事。

 

そして、一つの炎を囲んだバリ家族の風景も素敵でした。

 

全てはシンプルでいいんだ。シンプルで!!

カテゴリー: インドネシア | 2件のコメント

調理場

海辺の村の小さなホテルで

朝、珈琲を飲みたくて、お願いしたら・・・

まだお湯が沸いてないとの返事。

 

朝の仕込中という事だったので、

「見ていい?」と聞いたら

「いいよー」との事

 

裏に回り、調理場にお邪魔しました。

(こういうの大好きです)

 

(ちなみに、珈琲のお湯は一番右側のお鍋で沸かしていました。)

インドネシアの台所に欠かせない石臼

黄色いブンブ(調合調味料)を作っている所

 

材料は、唐辛子、ニンニク、赤わけぎ、ターメリック、生姜、塩、パームシュガー等々

↑ 手際よく、リズミカルに潰していって、あっという間に出来上がっていきます。

 

その後は、引き続き・・・・

いろんな料理に添える、サンバルトマト作り

 

 

材料は、トマト、唐辛子、ニンニク、赤わけぎ、塩、パームシュガー

 

 

全ての材料を、石臼の中で一体化。

 

その後、フライパンに移し・・・

火にかける

 

その日食べ切るのなら、10分程度

翌日まで持たせるのなら、もう少し長く煮こんで水分を飛ばすそうです。

 

↑ 卵が入ったバスケットもいい感じ。

 

↓ ここは炭焼きの場所。

朝のお祈り時のお供えのお花がありますね。

さりげないこういう所が、バリらしい。

 

お昼にレストランで頼んだ、イカンペペス。

(イカンはお魚)

朝作っていた、黄色いブンブと卵、ココナツミルクをお魚の周囲に塗り

バナナの葉っぱで包み、炭焼きしたお料理。

 

これがとっても美味しかった。

やっぱり海辺ではお魚料理ですね!!

 

 

 

 

 

カテゴリー: インドネシア | 2件のコメント

夜明け

しばし

インドネシアで働くオットの、断食明けの休暇にあわせバリ島へ

太陽がのぼる直前の海

 

きらびやかな観光地から遠く離れた、小さな海辺の村

 

沖合いに浮かぶ村人の釣り船

 

今日という一日の始まり

 

神聖な時間、神聖な風景

 

世界中どこでも、誰にでも訪れる朝という時

 

 

これまでの人生で、数え切れないくらい過ごした

一日の始まりの時間

 

 

ほんのしばらくの時間だけれど、

この時間と心から向かい合ったのは初めてかも知れない。

 

 

=========

今回も、市場へ行ったり台所に潜入したり・・・・・

 

しばし、旅のブログにお付き合い下さい。

沈む太陽は見えないけれど

闇に入る直前の海も素晴らしい。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集 | 2件のコメント

その地にお似合いの・・・

「野の花便り」のお客様より

滞在されていたスイスの写真が届きました。

ご承諾頂き、ここに掲載させて頂きます。

 

澄んだ空気、大きく吸い込みたい。

 

↑ エーデルワイスのお花だそうです。

 

村のチーズ屋さんで購入したフレッシュチーズ

いいですね~。

 ハイジが転げ落ちてきそうな、小花が咲く斜面。

 

そんなアルプスの麓に・・・・

 石窯があったそうです。

素敵ですね~。

 

自然に寄り添う暮らしをする人々は、ここでどんなお料理をするのでしょうか?

きっと、そんなに大げさなお料理じゃないでしょう。

 

でもそれでいい、それがいい。

 

石窯の火の周囲に、素敵な時間が流れれば・・・・。

 

 

広い世界には、いろんな自然があり風景があり、人がいて文化がある。

 

 

ここ日本にお似合いの、そして今の日本に必要とされる石窯

その答えを見つけるために、外の世界を見てみるのも必要だと思う。

 

山本様、素敵な写真を有難うございました。

 

made in japan      made in fukui の石窯

薪オーブン、間もなく完成、お披露目近し!!

乞うご期待!!!

カテゴリー: 小さな石窯 | 3件のコメント

バターナッツかぼちゃとパン

先日近くの直売所で

バターナッツかぼちゃを見つけたので使うアテなく購入。

 

台所にころがしておいたら、

「おっ、バターナッツかぼちゃや!」との声

気付いたら、スッパリ切られていて

ひょうたん型、原型の写真撮れず・・・・

 

その後、サクサク皮が剥かれ

玉葱と少しの塩で、じっくり火が通されて・・・・・

まぁ、何という事でしょう!!
ちゃんと裏ごしまでされて ペーストになったではありませんか!!

 

翌朝

生クリームと少しの塩、胡椒、ナツメグ足して混ぜるだけ

手間のかかったペーストをベースに

超簡単濃厚バターナッツかぼちゃスープにしてみました。

冷凍してあった古代小麦の石窯パン添え

 

どうして濃厚にしたかと言いますと

 

そう、こうして食べたかったから!!

 

正解でしたね、この濃度。

 

がしかし、本当はちゃんともう一度漉して
本来のパンプキンスープに仕上げたほうがもっと美味しいそうです。

(ペースト作成者家族談)

 

バターナッツかぼちゃ、

スープや、パンプキンプリン等ににお勧めのカボチャです。

カテゴリー: 料理 | 2件のコメント

使った食材

前ブログでご紹介した料理講習会

その時に使った、チョット変わったより美味しくする食材

 

 

その一つ目は、非売品のこれ!!

オレンジ色のものは、鯖江産メロン<さばえ夢てまり>・・・・・

に糖度が足らず、お名前もらえなかったメロン。

 

もったいないので、どうにかできないかとのご相談を受け

鯖江市特産づくり応援室さんで試作品としてドライに加工して頂きました。

 

ドライをお酢に漬けて戻し、メロン酢。

そのお酢を使ってなますを作る。

フルーティな、なますになりました。

とっても美味しい!!

 

そしてもう一つは・・・

味付き米粉

 

福井県産の米粉に、香辛料や香味野菜をブレンドしたフレーバー米粉

ぱぱっと付けて フライパンで簡単調理

お魚にも、お野菜にも、お肉にも!!

 

メイン料理にも、添え物にも、お弁当にも!!!

米粉だから、油を吸わずカロリーオフ、

そしてパリッと仕上がります。(^^)

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

吉川ナス弁当

前ブログでご紹介した

ふくい伝統野菜【吉川なす】の料理講習会

 

第二回目は、夏休み中の子供たちも参加

みんな、慣れた手つきで、どの子も真剣。

 

今回は、一回目と同じメニューで、お弁当仕立てにしましたよ。

お皿では上に積み上げたナスとトマトも

お弁当なので、半円に切って横に並べました。

 

ご飯は、鯖江菜花米

お野菜全て鯖江産

詰めていく作業も楽しいですねー。

 

お手本を参考に、自分流も盛り込みながら

 

 

ナスとトマトの上に、とろ~りチーズ全面かけも美味しそう!!

 

どれもこれも美味しそうな

【吉川ナスお弁当】の出来上がり!!

ご参加の皆様有難うございました。(^^)

 

=========

伝統野菜吉川ナスと地場産野菜の料理講習会

もう一度開催されます。

(多分今回と同じお弁当仕立て)

 

9月4日(火) AM10:00~ アイアイ鯖江にて

参加費 300円

 

詳細&お申し込みは・・・

鯖江市特産づくり応援室 0778-53-2232 までどうぞ

 

=======

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

伝統野菜【吉川ナス】料理講習会

8日と11日

鯖江市特産づくり応援室主催の

伝統野菜【吉川ナス】と地場野菜を使った料理教室が開催されました。

 

皮も柔らかく、身はとろりとしている吉川ナス、

今回の教室ではお一人様一個使用

 

鯖江の夏野菜達と共にお料理です!

 

今回のメニューは・・・、

焼いた厚切り吉川ナスと、焼きトマトを重ねた

人気のメニュー

【ナストマナストマ】

 

そして、吉川ナスのレンジdeチン田楽

(ワンプレート仕立て)

地場の夏野菜の添え物と鶏肉には、

地元の素材で美味しくなる、ちょっとした秘密が・・・・

(それは、後日のブログで・・・)

 

11日は、夏休みという事で

子供達も参加してくれました。

 

その時は、同じメニューでお弁当仕立て!!!

これが、またまたとっても美味しそうになったんです。

 

【吉川ナス丸ごとお弁当】の様子は、

次なるブログで・・・・(^^)

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

更新

野の花工房 営業許可を頂いたのは・・・・・

平成19年 3月

 

三年間の大きな石窯での体験教室開催を終え、

今の販売スタイルを初めたのがこの頃でした。

 

その時には、先の展望とかあったわけでは無く

「やろう!」というキモチだけ。

 

只それだけで、月に一度の「野の花便り」

メニュー決め → 準備 →、焼き込み、→発送→ メニュー決め・・・・

という、一ヶ月のエンドレス。

いつも追い立てられるキモチを抱えた日々。(少ない出荷量ですが(^^;))

 

なので、先の事よりいつも”今”に全力投球。

 

気付いたら・・・

五年半も過ぎていて、更新手続きの期日、間もなく・・・・。

 

正直 始めた頃は

「そんな先の事考えられんわー!!」と思っていたのに・・・・

先ではなくて、現在になってしまった・・・・(汗)

 

いやいや自分でも過ぎた日々の速さと

ここまでやってこれた事に 驚きです。

 

あまり、振り返ったりする事はしない(性格上??)のですが、

今回、一枚の許可証にこれまでを振り返る機会を与えられました。

 

全てがお陰様。

感謝の一言に尽きます。

 

これからどうなっていくのか??

これから、どうしていくのか???

 

これまでと変わらず、

決め込まずに事が起るまま

自分の直感が赴くまま・・・・

 

次の展開自分でも読めず(^^;)

 

ですが、

色あせても、その風合いを増した工房の床みたいに

 

重ねた年齢に相応しい時間を、

これからも更に重ねていけたらと感じています。

 

野の花工房を応援して下さっている皆さま

心より有難うございます。

 

そして、これからも宜しくお願い致します。

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | 2件のコメント

赤くなった梅干

先日、干した梅

 

あんなに黄色だった梅が、

一日お日様にあたったら・・・

↑ ほんのり赤くなりました。

 

お日様のチカラってすごいです。

 

 三日後・・・

強い日差しで、セミドライ状態。

 

そして現在、再び梅酢に浸かる梅干

干す前とすっかり様子も、容量も変わりました。

 

 

もうしばらくこのままで・・・・

 

ぽってり美味しい梅干が出来そうです。

 

原材料 <梅&塩>

梅干仕掛け人、<夏の日差し>

 

紫蘇入りも、より色鮮やかになりました。

これにて

 

今年の梅仕事、ほぼ終了。

カテゴリー: 保存食 | コメントをどうぞ
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら