2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

月別アーカイブ: 2月 2012

石臼胡椒

白胡椒&黒胡椒

色が違う様に、味や香りも違う

白 & 黒

 

焙煎し、香りを引き出した後に

石臼で挽く

 

カキンコキン、カキンコキン

粗挽き、細引き、お好みの挽き方で

カキンコキン、カキンコキン

 

塩を加えたら・・・

石臼挽きの塩胡椒

 

これさえあれば!!!

 

大げさって思われるかもしれませんが・・・・

一度使ったら忘れられない、

石臼挽きの、焙煎胡椒。

 

鶏肉とこれさえあれば!!

目玉焼きにこれさえあれば!!

野菜炒めにこれさえあれば!!

 

いつものお料理に、ちょいと魔法がかかります。

カテゴリー: インドネシア | コメントをどうぞ

南青山291にて「水ようかんひな祭り」

26日、27日と、福井県アンテナショップ

南青山291内、ミニキッチンで

「水ようかん手作りキット」のご紹介をさせて頂きました。

ちょっと華やかに、福井パフェ お雛様仕様。

 

越前和紙と、越前漆器も使ってみました。

 

水ようかん以外に使った材料も、291店内においてある物。

「羽二重餅」と「さくら豆&抹茶豆」「菜花糖」「大麦ドーナツ」

 

ご試食にも、羽二重餅と菜花糖を少しだけ。

 

福井からやってきた友人&東京在住(福井出身)の友人

お買い上げ有り難う。

上京している娘さんにと買ってくれました。

翌日友人との集まりに作って持って行ったとか・・

(福井の味広めてねー)

野の花ブログをいつも見て下さっているY様

福井にもご夫婦でいらした事もある、大の福井ファン

======

水ようかん、早速作ってみました。楽しいですね!
ツルッとした食感も独特で美味しいです。
ヘラで食べるのも楽しく、「福井ではね・・・」と話に花が咲きました。

======

とのご感想頂きました。

 

Y様、この日のカゴの中身拝見・・・

福井がいっぱ~い、有り難うございました。

一緒にご試食頂いた、「菜花糖」も大人気。

(小さなサイズの箱、この後完売してしまいました。)

 

そして・・・

下北沢 アトリエ ラ・ベッシュ

料理家の さなえさんもお立ち寄り下さいました。

重いカゴをもったままの撮影ごめんなさいねー。

カゴの中身は、こちらも「福井」がいっぱい。

ブログにも書いて下さいました。→ポチッ

有り難う。

 

そのほかにも、沢山のお客様が・・・

冬になったら「水ようかん」

よーく御存知の方や、全く知らない方。

 

その事実をはじめて知った方の驚き様がオモシロイ。

やっぱり、全国的には常識じゃないんだと肌で感じ

常識から外れてるって 益々面白いじゃないか「水ようかん」!!

と改めて思ったのでした。

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ

青いトマトは春の味?

青いトマトを頂きました。

 

夏の青いトマトとは、又違った味わい。

青くさ~いトマトの香りが初夏ならば・・・

 

 

そう甘くはないけれど、

春の新芽を思い起こさせるその香り

どこかに春が来ている事を、

感じさせてくれる2月の青トマト。

 

ご馳走様でした。

=========

=========

2月26日(日) 27日(月)と、ふくい青山291にて、

冬に食べる福井の「水ようかん」のデモンストレーションをしております。

関東近郊の方、是非おいで下さいませ。

美味しいんですよ。福井の「水ようかん」

http://trippa.cocolog-nifty.com/ambassador/2012/02/post-bb0b.html

(↑ 料理通信 食のアンバサダー 福井から「水ようかん」の話題を発信致しました。)

===========

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ

お野菜食べたよ。

頂きました。

からすみパウダー

それに合わせてみたのは

 

オリーブオイルでは無くて・・・

なたね油

 

そして、

素敵な農園さんの、

素敵なお野菜達

黄色いトマト、青いトマト、赤いトマト。

緑のフリル、深紫のフリル、深紫のチリチリフリル

 

野菜の色、そして形。

色々あっておもしろいね。

 

 

真冬に食べるグリル野菜。

シンプルに食べて満足満足。

カテゴリー: 料理 | 2件のコメント

雪の風景とシカ料理

昨夜は吹雪きました。

 

今朝、サッシ一面雪模様

そんな中、

 

更に雪深い里山へと出かけました。

 

行きは吹雪きの中でしたが・・・

 

帰りはしばしの晴れ間。

 

青い空、

うれしいな。

この山に棲んでいた、

 

先日のシカさん

 

素敵な農園さんのお野菜を飾りにし、

 

華やかに里帰り。

 

シカモモ肉、スパイス煮こみ二種

カテゴリー: 季節の写真集 | 2件のコメント

ひずめが付いてる・・・

「ひづめ付きの、シカモモ肉いりませんか?」

 

って言われても・・・・・・

想像がつきません。

 

安易に返事をしたら、本当にやってきました。

ひづめ付き・・・・

 

その全容は

↑ こんな感じ・・・・。

 

ん~~~、言葉が出ない・・・・。

でも、何かの縁あって私の元へ来たシカちゃんです。

 

命を無駄にしないためにも、さばきますとも!!

(初めてですが・・・、さばき方知りませんが・・・・)

 

持ってきてくれた、若き女性と二人で牛刀片手に試行錯誤。

↑ そして、すったもんだの末こうなりました。 ↑

 

作業途中には「こんな事してる私たちって・・・・」

と思わないでもなかったが・・・・・

作業が進むにつれ、こんなにきれいな肉片になってくると・・

脳裏に浮かぶのは・・・・

 

「これ美味しいかも!!きっと美味しい!!」

 

でも、

あの肉塊から牛刀片手にさばいて、そう思う私たちって・・・・

 

でも、ちょっとお味見

あら、まぁ・・・・・・・・どーしましょ。

 

美味しーーい(二人の目がハート)

 

シカってこんなに美味しいんだ!!!!

↑ 塩、胡椒&バルサミコ酢で試し焼き。

 

スバラシイ!!

 

猟師さん、そしてその周辺の方々貴重な体験させて頂きました。

有り難うございました。

今度、このお肉のスパイシー煮込み食べてくださいね。

持って行きます。

 

 

そして、ふくいの山を駆け巡っていたシカさん、

今度、アナタガニンゲン、ワタシがシカに生まれ変わったとしたら、

アナタはワタシを食べて頂いても結構です。

 

合掌&ご馳走様。大切に頂きます。

 

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

日本食事情

インドネシアで見た、

日本食事情

寿司タワー

その横には、ワサビの山(崩し)

日本食といえば寿司なのでしょう。

 

 

お寿司の人気は絶大!

ショッピングセンター内にもお寿司屋さん

店内陳列棚 ↓

 

デリシャス、安心・・・・・・

 

その店内で販売していたのは日本のアイスクリーム

 

ジャンボモナカ、次いでクランチチョコが売れているそうです。

 

オープンキッチンのパン屋さん

その名も、「モダンのパン」

 

そして、

眼鏡の街鯖江の住民としては・・・

このごったがえす眼鏡店の中に、福井の眼鏡はあるのかどうか?

そんなところも気になったのでありました。

カテゴリー: インドネシア | コメントをどうぞ

人気のフィンガーフードを作ってみる

バンドン市、

地元で人気のお肉のフィンガーフード店に行ってきました。

 

 

香辛料で煮込んで揚げたペラペラのお肉

噛めば噛むほど、お肉と香辛料の旨みが感じられ美味しい。

 

 

「これってどうやって作るの?」

という訳で、レシピを調べ材料を買い

地元の方の手を借りて

 

やってみよう!!!

香辛料を石臼ですり潰す。

 

結構大変。

そして、

お肉も叩いて薄く伸ばす。

結構大変。

 

この辺りで、

「この料理は、買って食べて方がいいよ。」

とのアドバイス!?が周囲から聞こえる。

 

確かにその通り。でも、私は作ってみたいのよ(笑)

すみません。お手数ホントにかけてます。

汁気がなくなるまで煮込んでいく。

 

いい香りがしてきて人が集まってくる。

 

しばらく休ませて味をしみ込ませ、油で揚げる。

上出来、上出来。

 

でも、出来上がりの写真が無いと言う失態なのでありました。

カテゴリー: インドネシア | コメントをどうぞ

バリの新年ガルンガン

バリ島では、丁度バリヒンズーの新年にあたるガルンガンの時期でした。

 

 

ガルンガン前は、

お帰りになるご先祖様をお迎えする準備を整えるのに村の人々は忙しい。

 

沢山のお供え物を手作りしたり

 

家の前に立てる、竹の飾り物を作ったり。

 

↑ これが・・・

↓ こうなる。

そして、新年のハレの料理は豚料理。

 

 

なので、前日にはその食材が運ばれる。

翌、早朝より正装した村の男達の手によりさばかれ

余す所なく料理され振舞われる。

 

 

その、お裾分けを頂くことが出来ました。

 

バリ在住、今回お世話になったyumiさんによると

 

======

蒸し物は外国人の私たちのために作ってくれたんです。
原型は、茹でた身と皮、骨と、生血を混ぜた和え物なの。
真っ赤な血の色・・・・。(汗
何一つ無駄にせずに命丸ごといただく、これがハレの料理。
=====

との事。

 

どれもこれも、香辛料が効いていてとっても美味しかった。

ハレの日の神聖な料理を頂き、パワーUP!!

これぞ御馳走。

 

 

ここに住む人々は、神様と自然と共に暮らしている。

ちょっと前の日本もそうだった。

お供えをし、香を焚き、祈り、聖水を頂く。

そして、家族の為にも聖水を持ち帰る。

 

ホームステイ先のナタリアも、正装。

 

臨月のお母さんも正装。

(ここには掲載できないが、実は私も正装)

 

 

今回、この機会を与えてくれたバリの神様

私の友人とその家族に感謝します。

 

Terima kasih banyak

カテゴリー: インドネシア | コメントをどうぞ

旅の足跡

久しぶりのブログ更新です。

 

しばらくの間インドネシアへ旅をしていました。

(発つ時も雪、帰国してからも雪とのお相手でしばし更新ができませんでした。)

 

今回は、移動の多い旅。

経済成長著しいインドネシアの首都ジャカルタ。

以前の日本の様な、経済的な活気に溢れていました。

 

写真は、ド庶民の私たち夫婦が誘われるままに行った、

(まぎれ混んだとも言えるかも)

現地華僑お金持ち新郎新婦

結婚式披露宴の様子。

 

 

 

そして・・・・

バリ島では、バリヒンズーの新年ガルンガンの行事を垣間見せていただき、

 

その島に住む人々の精神と心の豊かさ、

そして、自然との調和を改めて実感しました。

 

 

最後は・・・・・

ジャカルタから高速で約3時間、工業と学生の都市 バンドン。

 

ここでは、工場で働くインドネシア普通の暮らしをしている人達と休日ランチ。

 

 

人を通じて・・・・・

食を通じて・・・・・

色々なエネルギー溢れ、活気に満ちたこの国から

今回も学ばせもらい、気付きもいっぱい。

 

少しだけ、その様子ブログにUPしていきますね。

 

カテゴリー: インドネシア | コメントをどうぞ
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら