2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

月別アーカイブ: 11月 2011

冬支度

どんどん気温が下がってきて、

みぞれなんかも空から降って来ると

 

せかされます。

 

冬支度

 

 

暖房器具を出してきたり、灯油を買ったり

冬用タイヤをひっぱり出してきたり・・・

 

そして、薪の準備をしたり

(↑ 遅すぎ??)

運んで、切って、積んで・・・・

 

これも、石窯パンを焼くための見えない労力。

やりまっせ!! やりました!!

 

結構大変な作業で、途中くじけそうになるのですが・・・・

飛び散るオガクズの香りに癒される。

 

この樹の歴史を感じる香り。

 

樹の香りに加え、芳醇な芳醇なお酒の香り。

 

 

この樹を燃やした熱量で、美味しいパンを焼きたいと願います。

カミサマ どうぞ ヨロシク。

 

*******

この薪で、芳醇な香りの石窯シュトーレンを焼きこみます。

「野の花便り 特別版」 ご予約受付始まりました。

******

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ

霜月野の花便りの和紙

霜月 野の花便りのメニュー

 

季節は晩秋・・・

 

紅葉したもみじも、崩れ行くお天気と共に

今年も終わりを迎えそうです。

 

霜月野の花便りの使った和紙は 秋色・・・

 

***

 

包装に使う和紙は、何かに使いまわして頂けたらとの思いで

テープや糊等はなるべく使わないようにしています。

 

先日の事、

ご遠方のお客様が、旅の途中にお立ち寄り下さいました。

頂いた御土産 ↓ 

静岡県の山あいで作られた、素晴らしく美味しいお茶

 

そのお茶袋に巻かれた帯は

「長月 野の花便り」で包装に使った和紙でした。

 

和紙があるだけで、随分と雰囲気が変わりますね。

そして、その方のお心使いを、和紙が代弁してくれている。

「和紙の里帰りです。」とのお言葉もとても嬉しかった。

 

和紙って、

人と人を

ほんわりとさりげなく

やさしい気持にしてくれる

そんなツールの様な気がします。

 

*******

「野の花便り」特別版

石窯シュトーレンのご予約受付始まりました。

*******

 

カテゴリー: 野の花便り | 2件のコメント

美味しい幸せ

霜月の火入れで焼いた、もうひとつの石窯パン

 

 

胡桃とカレンズの入った、<カレンズノア>

石窯の遠赤効果で、胡桃の香ばしさがより一層引き立ちます。

 

皆さまに気に入って頂けたら嬉しい限りです。

 

****

 

「野の花便り」のご予約を頂いた方へのお返事は・・・

「美味しい幸せお届けします。」

 

”オイシイシアワセ”を

幸せ日本一の ここ福井から。

 

来年公開の映画

原田知世  大泉洋 主演

「しあわせのパン」

↓ 予告 ↓

http://youtu.be/XjA480U_TSY

 

<大人になって いつのまにか大変で>

 

<人生はいつも ちょっとだけ 寂しい>

 

<わけあうたびに わかりあえる 気がする>

 

主題歌は、矢野顕子と忌野清志郎 。

 

 この予告を見ていたら、カンパーニュが無性に焼きたくなったので・・・

 

焼き込み最後に、石窯カンパーニュ焼きました。

今、冷凍庫で眠っています。(ちなみに三個)

 

野の花工房 「おいしい幸せカンパーニュ」

 

何かの集まりの時にでも持っていくことにします。

***

ちなみに

「しあわせのパン」

今の所福井では公開予定無いみたい(涙涙)

カテゴリー: 野の花便り | コメントをどうぞ

石窯パンの為のマーマレード

「霜月 野の花便り」の中に入った

クリームチーズステック。

 

その石窯パンの為に、

自家製の夏みかんマーマレードを事前に作りました。

 

 

今年(3月ごろ)の夏みかんを、下準備し冷凍保存。

11月に仕上げ。

 

クリームチーズに混ぜ込むのは、

酸味の効いたクランベリー

  

これらを、ライ麦生地の中に挟み

ネジネジ。

 

発酵を終えたところで、石窯へ・・・・

 

石窯の遠赤効果で弾けるフルーツの香り。

 

このパンが窯から出てくる時には、

香ばしさと共に、フルーティな香りも!!

 

窯の中で焼かれて、更に味が凝縮したママレード。

そしてクランベリー。

 

ムギュっと入っています。

 

ファンの多い石窯パンの一つです。

私も大好き。

 

でも、このパンは、

丁寧に作られた夏みかんを原材料としたマーマレードでなくては

この味にはならない。

 

他の夏みかんでは、

似て非なるものとなる。

 

この夏みかんを育って下さった

生産者さんのご苦労があればこそ!!

 

全てに感謝。

カテゴリー: 野の花便り | コメントをどうぞ

霜月の火入れ

「霜月 野の花便り」の為の

石窯火入れ。

 

焼き込み前日の月曜日

その日のお天気は・・・・・

今シーズン初めてのアラレ。

「う~~、いよいよやって来たか!!」

初アラレは、これから来る冬への覚悟を決める日です。

 

 

が、その後の二日間はお天気回復!!

やっぱり嬉しい 青空は。

 

二日間で、沢山の石窯パンを焼きました。

 

胚芽のプチパンも・・・・。

 

今は、焼きこみを終えほっと一息。

 

今日発送させて頂いた皆さま、

明日をどうぞお愉しみにお待ち下さいませ。

 

野の花工房より

”美味しい幸せ”お届けします。

カテゴリー: 野の花便り | コメントをどうぞ

林檎とベーグル

中途半端に残ってる林檎。

 

こういうのは、サイコロ状に切りまして

フライパンでチャッチャッと炒めます。

 

砂糖と、仕上げにラム酒。

 

一方、ベーグルは横半分に切ってトースト。

そして、クリームチーズを塗っておく。

↑ 受け入れ態勢整っています。

 

はい、そこに林檎をのせる!!

ドサドサドサッ!!

シナモンをふりかける。

 

そしたら、ベーグル上部で蓋をする。

両手でベーグル押さえつつ、かぶりつく!!!!!

 

林檎は紅玉。

 

そのキュンとした酸味に絡まる、

キャラメル化しつつあるお砂糖とラム酒。

 

そこに加わる事の、

シナモンの香りとクリームチーズの爽やかな酸味。

 

それら全てを、

モチッ、ムギュッ、としたベーグルがまとめます。

 

やるな、ベーグル。

 

****

さて、来週には大きな野の花石窯火入れです。

その準備と共に、気持も一直線に向かっています。

 

カテゴリー: その他のパン | コメントをどうぞ

自由奔放ともいえる・・・・

畑では、バジルが大きくなってます。

 

白い花も咲いたりしていて・・・・・

 初夏以降、どれだけ葉っぱを摘んだ事でしょう。

 

と書くと、のんびり畑ライフ!?なイメージですが、

現実は・・・・

 

畑時間が作れず、どんどん野生化している ハタケ・・・・

 

夏以降、雑草取りも時々してはいましたが、

十分な時間が取れず、雑草まみれ(涙)

 

おっ!雑草の中に、キューリの葉っぱだ!!

多分、夏に植えた地這えの胡瓜のこぼれ種で成長した二代目ね。

 

ナント!!!

キューリ発見!!@@
「へぇ~~、秋でも路地でキューリ出来るんだ!」

 

って感心してる場合じゃない!!!

 

どうしよう、このままじゃ、耕作放棄地と化してしまいそうです。

(女性一人ではちょっと広すぎるんですよね。ウチの畑・・・・)

 

==============

「霜月 野の花便り」お陰様で完売致しました。

有り難うございました。

==============

 

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ

クリスマスにも向かっています。

季節の石窯パンセット

「霜月 野の花便り」の準備中。

 

来週の火入れに向かっています。

 

と、同時に・・・・・

 

そろそろ、クリスマスグッズが店頭に並び始める今

 

今年最後の「野の花便り」の

石窯シュトーレンの準備も進めています。

 

シュトーレンの材料でもある、自家製ミックスフルーツ

昨年のものに継ぎ足し、継ぎ足し・・・・・

 

現在、熟成を待っています。

カテゴリー: 保存食 | 2件のコメント

猪肉がやってきた

猪猟が解禁になりました。

 

つい数日前まで、野山を駆け回っていた猪のお肉がやってきた。

 ↑ ロース

 

↑ モモ

 

モモの赤身部分が欲しいと伝えたら・・・

「普通は、捨てる部分」との事。

いえいえ、私はその部分が欲しい。

 

<しっかり育った柑橘>の皮が、
最高に美味しいマーマレードになる様に

 

<しっかり育った猪>の赤身は

煮込むと美味しくなるのです。

 

あまり陽の目をみないその部分が、

ちょっとの調理の工夫で美味しくなったりするのです。

 

猪の脂身部分、よーーくみると・・・・

ゴマのような黒い点々。

はい、毛根ですね。

 

でもこれくらいは平気。

過去、もっとスゴイ毛根見てますから。→ ポチッ

 

==================

「霜月 野の花便り」残り僅かとなりました。

==================

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ

紫キャベツとベーグル

切り売りで見ることの多い紫キャベツ

でも、今回は丸ごと一個直売所で入手。

 

新鮮な紫キャベツ。

断面がキレイ

 

これを、ベーグルに挟みます。

 

レタス、トマト、サラミと共に。

焙煎胡椒と、美味しい粗塩もふりかけて・・・。

 

ベーグルは 石臼挽きの全粒粉入り

 

トマトスープもプラス。

 

こんなセットで、先週土曜

越前市 八ッ杉千年の森森のアーチスト村>で出店しておりました。

その他に、石窯パン三種 & サラダ & トマトスープのセットも、

 

日曜日は、六種類のひとひねり。

 

お陰様で両日共に

お昼を待たずしてアッという間に即完売!
写真が撮れず、今朝再現のベーグル作成となりました。

 

 

「ブログ見ています」とか

「鯖江の方ですよね」とか

「今度の体験教室はいつですか」とか

告知しなかったにも関らず、本当に多くの方にお声かけ頂きました。

 

実店舗の無い 野の花工房ですが、こうして多くの方に知っていただき

お声かけ頂いた事が、とっても嬉しかったです。

有り難うございました。

 

旧今立町と池田町の間、山あいにある八ッ杉千年の森

ちょっと秘密にしておきたいような、素敵な場所です。→ ポチッ

 

=============

「 霜月 野の花便り」

ご予約受付中です。

==========

カテゴリー: その他のパン | コメントをどうぞ
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら