2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

月別アーカイブ: 5月 2011

受け入れます

以前のブログに書いた、

薔薇の苗

 

肥料も買い、場所も決め植える準備万端

・・・・・だったのですが、何となく日が過ぎ買った鉢のまま蕾が出来ました。

 

だったら、花が咲いてから植えようと決め

 

蕾、日々膨らむ

 

 

んん???? 赤???

 

 

 

真紅の薔薇が咲きました・・・・・

 なんで??????アカ???

 

あのぉ~~~買ったのは・・・

 

 黄色のつる薔薇なんですけど・・・・。

 

<素晴らしい芳香が魅力、黄色の半八重大輪>のはずだった。

 

ねぇ、どうします??

 

幸いまだ植えてないので、咲いている内に交換お願いにお店に行く事も出来ます。

 

いろいろ思案しているうちに、全開しました真紅の薔薇の花。

その様を見守っていたら、何だか情が湧いてきて

まぁ、赤も悪くないかな???って気になってきました。

 

そして、トドメは友人からのメール

 

「赤は、本能を刺激する色。

すべては必然に起きているので、

多分、今京美さんに必要なのは赤だったのよ(笑)」

 

だって。

 

はい、赤い薔薇受け入れます。

(でも、私の本能って一体何??) 

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ

タンドリー風<フライパンチキン>

適当にブレンドしたスパイスを、

鶏モモ肉に、パタパタパタパタ。

 

こういう作業は、新聞折込活用。

使用後は、そのまま丸めてポイッ。

 

毎日のおかずは、何といっても洗い物少なく!!が理想。

なので、タンドリーチキンならぬ、

タンドリー風 <フライパンチキン>

 

タンドリー風なので、

やはり皮は、パリッとこんがり。

 

黄色くなるのは、ターメリック(うこん)

 

<うこんの力!!>

パリッとジューシー 頂きま~す。(^^)

 

これからは、

益々、香辛料を欲する季節です。

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

「五月 野の花便り」

今月の石窯火入れも無事終えることが出来ました。

有り難うございます。全てに感謝。

 

 

時に思い通りにはならない、酵母や火・・・・

 

 

 燃える薪のエネルギーが、窯の焼成室に届くのは五・六時間後

 

そんな野の花石窯さんは・・・・・

ごり押し効かず

 

 

なので

その時の状況に応じて添うように対応してます。

 

それももう慣れましたが、気を使う事には違いない。

 

野の花石窯さんは、

薪のエネルギーに加え・・・・

 

 

ワタクシのエネルギーも吸い取ります。

 

 

皆さまの元へ旅立った「野の花便り」

 

嬉しいお声も返って来てて、

その嬉しさが、石窯に吸い取られたエネルギー補給になってます。

 

*********

「小さな石窯を愉しむ体験教室」

満席になりましたので、ご予約受付終了致しました。

有り難うございました。

*******

カテゴリー: 野の花便り | コメントをどうぞ

五月の石窯パン焼けてます

「さつき 野の花便り」の為の

石窯パン焼き込み一日目終了~

石窯焼きらしい表情のパン達

↑ ヒマワリの種と白胡麻入り

↑ 四種類のレーズンが入っています。

 

↓ 国産石臼挽き全粒粉入りで、香ばしさ格別。

今月の薪(樽材)は、ことのほか重くて分厚い。

 

森で生きてた樹の時代、威風堂々としていたんじゃないかな?

樽の時代には、質の良いお酒を醸し出したんじゃないかな?

などと想像しながら、薪をくべる。

 

燃えてのエネルギーはとっても強い・・・・

ややもすると、窯の温度が上がり気味となり

今月はとっても気を使う火入れです。

 

これも修行・・・・か!?

カテゴリー: 野の花便り | コメントをどうぞ

野の花石窯と共に

いろんな植物が、好き勝手に咲き誇っている工房周辺です。

 

明日からの「野の花便り」石窯パン焼き込みの為に

今朝より野の花石窯に火が入りました。

 

ともに歩んで、間もなく八年・・・・・

 

やっと、お互いが歩み寄り

自然体で向き合える様になって来たと感じています。

火入れの前にはいつも・・・・

 「今回も共に力を合わせよう」と手のひらコンタクト。

 

広がる青空に、立ちゆく煙・・・・・

 

薪、石窯、炎、草花、風、光・・・・・

 

工房周辺のそれら達全てのもの、

今日から三日間どうぞ宜しく、

私を後押しして下さいまし。

 (と、何にでもオネガイしてみる。)

 

 

==================

「小さな石窯を愉しむ体験教室」お申し込み受付終了致しました。

パンが焼けなくても、料理が出来なくても大丈夫。

ゆったり石窯時間を ご一緒しましょう。

(満席になりました。)

===============

カテゴリー: 野の花便り | コメントをどうぞ

「野の花便り」での組み合わせ

現在、「野の花便り」の準備に追われています。

 

お陰様で、今月も完売致しました。有り難うございました。

 

今月のジャムは、ファンが多い。

 

白無花果と林檎

赤ワインと香辛料と共にジャムに仕上げていきました。

包装も終えて スタンバイOK。

 

そして今月のクッキーは、古代小麦のまっ黒クッキー

ご予約頂いた皆様

是非、クッキーとジャムを共に召し上がってみてくださいませ。

 

”美味しい幸せ” 間もなくお届け致します。

 

=======================

「小さな石窯を愉しむ体験教室」 お申し込み受付中です。

11時の部は、残席僅かとなっております。

=======================

カテゴリー: 野の花便り | コメントをどうぞ

新玉葱ごっそり

迫ってる「野の花便り」の準備、只今粛々と進行中ですが・・・・

気分転換に、ブログUPします。

********

今の時期食べたい物リストにある「新玉葱」

スペアリブと共に、ごっそり食べる作戦開始。

お肉は、食べやすい様に切り込みを入れ

茹でてから、表面に焦げ目が付く程度に焼いて取り出しておく。

玉葱を炒め、しんなりしたらお肉を入れる。

先に甘みの調味料をしみ込ませ煮込む。

玉葱が透明になってきたところで、塩麹投入。

お醤油等の塩味調味料続けて投入し煮込む。

更に玉葱から旨み甘みの水分出てくる。

煮詰めながら、余分な水分蒸発させ

素材の美味しさ凝縮&一体化させる。

野菜を添えて出来上がり。

玉葱一個 肉に覆いかぶさる。

スペアリブと飴色玉葱と一緒に食べると美味しい。

ご飯にのせると、ご飯に煮汁が絡んでより美味しい。

肉の質もさる事ながら、

玉葱に甘みがあり且つ実が締まってるからこその美味しさ。

玉葱といえば、やっぱりここでしょ・・・

淡路島、完熟堆肥育ちだから甘みが違う。

<使った調味料覚え>

紹興酒、砂糖、グラメラ、みりん、自家製夏みかん酢

胡椒、五香粉、塩麹、醤油、ニンニク、生姜、

=========================

「小さな石窯を愉しむ体験教室」只今お申し込み受付中です。

11時の部、残席僅かとなりました。

===========================

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

小さな石窯を愉しむ教室開催のお知らせ

メール等でお問い合わせ頂いておりました

<小さな石窯を愉しむ体験教室>開催のお知らせです。

6月4日(土)

詳細は コチラをご覧下さいませ。 → ポチッ 

ゆるやかな時間の流れ、石窯時間をご一緒しましょう。

今回は、夕方からの部も復活させました。

5時半~の部は、アルコール持参自由と致しました。

(当工房は、JR北鯖江駅より徒歩5分)

6名以上での開催となっております。

お友達お誘いあわせの上ご参加下さいませ。

ご参考までに前回の石窯体験の様子はコチラ →ポチッ

カテゴリー: 石窯体験教室 | コメントをどうぞ

米粉で試食四品

福井県丹南農林総合事務所・丹生農業改良振興会 主催

「田んぼの天使有機米の米粉」現地見学会が開催されました。

先ずは、「田んぼの天使」と、その米粉についての説明。

その後の試食会で、メニュー提案をさせて頂きました。

↑ <おにぎりドーナツ>は、今までの米パンドーナツの進化版。

↑ <ブラック・ダッチタイガー・ライスブレッド>は

上が黒くてカリカリの 変わりライスブレッド

↑ <黒米と金時豆のお団子ココナツぜんざい>

小豆を使わない、コクのあるエスニックフレーバーのぜんざいです。

 ↑ <米粉ニョッキ トマト塩麹>

ジャガイモと米粉でニョッキ。

トマト、そら豆、ハーブそして旨みに塩麹。

試食の後は、田んぼの見学会も行われました。

これからも、米粉の”モチッ”を生かした美味しいレシピ模索し

がんばる農家さんを応援できたらと思っています。(^^)

カテゴリー: 米粉パン・お菓子 | 2件のコメント

お引越ししました。

 

石窯のある食工房 野の花 ブログ

 

 

心機一転

こちらへお引越し致しました。


 

今後共、日々徒然・・・・・

 

たわいもないブログにお付き合いの程

 

宜しくお願い致します。


ん~

・・・まだ慣れない(汗)

カテゴリー: 季節の写真集 | コメントをどうぞ
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら