2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

カテゴリー別アーカイブ: 野の花便り

完売御礼

お天気に恵まれ、多くの方々で賑わった一日でした。

 

野の花工房のテント ↑

 

当工房出来る限りの数をご用意し望みました。

 

 

久々の石窯火入れ、そして焼き込み!!

手間仕事にはなりますが、この表情&香りは何ものにも変えがたいと改めて体感。

 

しかし、やっぱり石窯は体力勝負ですね~。

 

 

販売開始前から、多くの方が当工房前に並んで頂き、

本当に感無量。感謝の気持で一杯になりました。

(平常心に見えたかもしれませんが、心中ウルウル&ドキドキでした)

 

遠くから来ていただいたり、仕事中に抜けて下さったり

いろいろなお声賭け頂いたり・・・・・

 

本当に皆さま有難うございました。

又何かの折にお目にかかれたらと思っています。

 

=======

↑ お市の方役 高橋愛ちゃん ベストショット逃すの絵

 

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | コメントをどうぞ

野の花石窯久々火入れ

福井時代行列にあわせて行われる
【ふくいパン祭り】の石窯ぱん焼き込みの為に

 

大きな野の花石窯に今朝火が入りました。

日中からずっと薪をくべ・・・

 

23時半現在二百度ちょっと。

 

そろそろダンパーを閉めて、明日の焼き込みに備えます。

 

お天気も今の所よさそうで一安心。

 

見頃は過ぎましたが、

はらはらと散る最後の一片も、新緑へ繋がる風景。

 

お時間あれば是非いらしてください。

11時から販売開始です。

=========

=========

旅のブログは、又ボチボチと・・・・・

=========

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | 2件のコメント

ふくいパンまつり in 越前時代行列

気になり始めましたね。

桜の蕾の膨らみ具合。

 

満開の桜が待ち遠しいこの頃ですが、

サクラサクその季節に開催

「ふくい春まつり」 

メインイベントの、【越前時代行列】時に

通行止めになる福井市中央大通りにて

<ふくいパンまつり>が開催されます。

 

県内はもちろん、県外のパンも!!

 

各ぱん屋さん、いつもとは違うラインナップを取り揃えていますよ。

野の花工房も出店致します。

 

お休みしている、季節の石窯パンセット

【野の花便り】が、この日の為に復活します。

ジャジャジャジャ~~ン!!

 

 

そして、石窯パンも入った二種類のセットに加え

各イベントでは毎回ご好評頂いている

ベーグル&ひとひねりもアソートでセット販売!!

 

=========

2013年4月13日(土) AM11:00~PM3:30

 場所  福井市中央大通り道路上 (大名町交差点 ~ 片町入り口)

    ~ ~  ~  ~

野の花工房で出来る限りの数をご用意するつもりですが、

小さな工房ですので、数に限りがあります事ご了承下さい。

=========

=========

っと、その前に、旅に出ます。

 

食&諸々・・・・いろいろ吸収予定。

( あっ、カラダではなくてココロに吸収って事です。)

========

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | 4件のコメント

お知らせ

自宅と工房、そして石窯。

これまでに

何度ここを行き来しただろう・・・・。

 

一時間に数回薪をくべるために往来。

数え切れない位 何度も何度も・・・・

それは、花びら舞い散る春だったり・・・

それは、暑い暑い汗が噴出す夏だったり。

リ~ンり~ン、虫の音のする秋だったり・・・・

凍てつく寒さの、シンシン雪降る冬だったり。

 

「野の花便り」として、月に一度お届けしてきた石窯パンセット。

 

この度、2012年をもちまして

ネットショップを一旦お休みする事になりました。

 

 

六年弱。

皆さまのお陰で続ける事が出来ました。

 

本当に有難うございました。

今は、感謝の気持でいっぱいです。

カテゴリー: 野の花便り | 8件のコメント

粉雪

石窯から出たシュトーレン

 

熱いうちに、ブランデーやバターを全面に塗り

黄金の梅ジャム、杏ジャムでコーテング。

全体が落ち着いてから・・・・・

 

最後のお化粧

粉砂糖をふりふり

粉雪みたい・・・・ふりふりふりふり

 

たっぷり、ふりふり

最後に、クリスマスカラーの天使ちゃん二人。

 

石窯から出てきた後の作業も大切な作業。

野の花シュトーレン

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | コメントをどうぞ

今年の石窯シュトーレン

石窯でシュトーレン焼いていました。

一年を締めくくる「野の花便り」は

いつもと違うリズムです。

 

いつもはガッツリ焼き上げますが・・・・・

シュトーレンは、やんわり焼き上げる。

 

それは、薪で調整。

(焼成室に熱が届く、数時間後に想いを馳せながらの薪くべです。)

 

石窯の遠赤効果で、ミックスフルーツの香りがパンの中で弾ける!!

今年もお陰様で焼き終えました。

石窯仕様、野の花工房のシュトーレン。

 

野の花石窯から飛び出し、工房から旅立った

このパンの周りに笑顔が溢れますように!!

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | コメントをどうぞ

今年のミックスフルーツ

工房から見る外の風景

雪化粧。

 

工房内では、石窯シュトーレンの下準備

ミックスフルーツを更に凝縮させる作業。

 

キラキラ宝石みたいな

ミックスフルーツ。

 

野の花シュトーレンの”美味しい幸せ”担ってほしい。

 

どうぞ、無事に焼き上げられますように・・・・・

祈る気持と、緊張、徐々に高まってきています。

 

ドッキ、ドキ!!

カテゴリー: 保存食, 野の花便り | コメントをどうぞ

石窯の為の冬支度

先月の事、

少ない晩秋の晴れ間を見計らい 冬支度

薪切り。

電動丸ノコで三等分。

 

切る作業も大変ですが

それ以上に、運んで・・・・

積む作業も重労働です。

(日頃の運動不足実感!!)

 

こつこつと地味な作業。

これも見えないパンを焼く時間。

揃った切り口が気持ちいい。

 

この薪(定年樽)があるから続けてこられた石窯仕事。

この薪があるから、安定した温度になる。

私に馴染んだ薪材。

 

パートナー? 友達? 戦友? 相棒?・・・・どれも当てはまる気がする。

 

カテゴリー: 季節の写真集, 石窯体験教室, 野の花便り | コメントをどうぞ

石窯でのパン

薪をくべ、燃える炎。

夜明け前。

静かな朝に、パチパチとはぜる音。

 

石窯で焼くパン。

 

手間ひま仕事。

 

フルーツ入りクリームチーズがねじ込まれたパン

窯の中へ・・・・・

 

石窯ならではのパンを焼きたい。

その一心。

 

その通りの中身かどうか?
「野の花便り」

 

何度火入れを繰り返しても、

全てを終えるまでは

いまだに緊張の連続です。

 

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | コメントをどうぞ

カンパーニュを石窯で♪

せっかく時間をかけて温度を上げた石窯

やっぱり、〆には、カンパーニュ(田舎パン)を焼きたい。

 

<原材料>、小麦粉(数種類)、ライ麦粉、塩、パン酵母、自家製酵母、

 

ハード系

油脂分と糖分の入らない生地が大の得意な石窯。

 

バターや、お砂糖を否定する訳じゃない。

そういうパンは、

石窯さんは苦手で、ガスオーブン君が得意なんです。

 

何でもそれぞれの持分があると思うのです。

↑ 窯に入る直前。

ここまでは、酵母と小麦が醸し出す香りを引き出してあげる。

 

窯に入ったら、それに小麦の香ばしさが加わるように・・・

表面香ばしく、

中はもっちり。

 

窯から出た後、その温度差で、パチパチとパンのハミング。

現れるひび割れは、ハミングした証。

 

小麦の黄金色と、黒茶色。

それぞれ、レベルの違う香ばしさが、

野の花石窯カンパーニュを更に奥深いパンにする。

 

そんな気がします。

 

======

======

今年最後の<小さな石窯体験>お申し込み受付始まりました。

=======

========

四季咲きの薔薇が咲きました。

 

春の為に

咲かせないほうがいいとも言われていますが、

冷たい雨が降り出して、冬の到来を感じてしまうこの季節。

そして、雑務に忙殺されている日々・・・・

 

控えめに咲いてるピンクの薔薇に癒されます。

 

 

 

 

カテゴリー: 季節の写真集, 野の花便り | 2件のコメント
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら