2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

カテゴリー別アーカイブ: インドネシア

エスニック福井メニュー

「エスニック福井」生誕祭なので
今回は、時間をかけてスパイスも石臼で自作ブレンド

焙煎したスパイスを、潰していくと
幾種類もの香りがブレンドされて
新しい香りの素が出来上がる

粉末にする以外にも
生のものも同じくすり潰す

こちらも数種類をブレンドする

ピンボケすみません。
なんせ手が汚れてるもので時々こうなる。

=====

この料理の素ともいえるミックスされたものを

ブンブと呼びます。

それを土台に作られた料理

一番多くのスパイスを使用する

「ルンダン サピ」のケール添え
使用福井食材・・・・レモングラス、ケール

揚げゆで卵とトマト
「トロール バラド」ボリジ飾り

使用福井産食材・・・卵、トマト、レモングラス 、ボリジ


イカのターメリック野菜炒め

「チュミチュミクニンサユルゴレン」と 「世久見檸檬の炭酸水」

福井食材・・・レモン、イカ

茹で野菜のエスニックピーナッツソース

「ガドガド」
使用福井食材・・・厚揚げ

お鍋は、鳥のターメリックスープ

「ソトアヤム」

使用福井食材・・・厚揚げ、レモンクラス

ターメリック入り生野菜サラダ風

「アチャール クニン」

使用福井食材・・・レモングラス、お酢、グリーン葉物

青パパイヤサラダ

「ソムタム」

使用福井食材・・・パクチー、酢、

=====

その他、色々あって紹介しきれない。

香り米の周囲に、いろんなおかずを乗せたら
「ナシチャンプル」
ナシはご飯、チャンプルは混ぜる。

そして、テーブルのお花とグリーンは
エディブルフラワーとハーブなので、
食べれちゃうという贅沢!!

実際、話しながら

花やハーブの葉っぱをつまみ食い してました。

======

料理の写真は、上田順子さん
メニュー表、パクチー、世久見檸檬は、デザイナー大谷直子さん
エディブルフラワーやハーブ、葉物お野菜は、ワトム農園さん

======

次回も楽しみ♪

使用福井食材も増やしていきたいと思います。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集, 料理, 未分類 | 2件のコメント

エスニック福井 誕生会

それは、インドネシア料理をはじめとする
スパイスを使った料理の深みにはまっていきながら
あたためていた事柄

福井の食材で結構出来るよね!!

=====
エスニック料理。

=====
「それおもしろーい!!やろうやろう!!」
と、アカカンバアチャン繋がりの三人で盛り上がり

やっと実現しました。
「エスニックふくい」生誕祭!!??

エスニック好き、料理好き、食べるの大好きの人達が
各人の得意分野を生かし

参加する。

農家さんは、お野菜を!!
料理好きな人は、キッチンへ
キッチン向かないと自己判断した人は
お買い物へ・・・
デザイナーさんは、
あっという間に素敵なメニュー作成

バリ島山奥の市場で買ったカトラリーには
蒔絵師さんが アカカンバアチャン書いてくれて


初めましてだったり、お久しぶりだったり
それでも、<気>のいい人たちの集まりは
終始なごやかに、笑いのたえない時間となりました。

====
もしかしたら、スパイスは
人の心もなごませほぐし、
テンションも上がり気味になるのかもね。

各分野で自立し活躍されている方々
惜しみなく様々提供して下さって ありがとうございました。

=====☆☆☆=======

福井の伝承料理、伝統工芸、風、土、空気、海、山、里。
しっかりした土台を基に、新しい風。

全てにおいて、スパイス必要!!

とりあえず行動。とりあえず楽しむ。

エスニックふくい
=====☆☆☆=======

<写真撮影、料理写真家 上田順子。>
<場所 空き家利活用 リノベーションモデルハウス 朱種>
=====
次のブログでは
お料理の紹介をしますね。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ

ピサンゴレン

ピサンはバナナ。

ゴレンは揚げる。

早い話が、インドネシアのバナナフリッター。

 

バナナを買って、自宅台所で揚げました。

 

そして粉糖で仕上げ。

バナナに熱が入った事で、

トロトロバナナになりました。

 

↓ 確かに美味しかった。

のですが・・・・・

 

過去最高のピサンゴレンは、

バリ島山奥、シドメン村の小さなワルン(食堂)で

おじさんが揚げてくれたやつ。

 

あれを超えるピサンゴレンは、

今後もなかなかお目にかかれないと思うな。

カテゴリー: インドネシア, 料理 | コメントをどうぞ

各地、各シーンでのインドネシア料理

多彩なインドネシア料理。

 

毎回発見いろいろ

 

蟹の黒胡椒煮が有名な、ジャカルタのレストラン。

屋台から始めて評判になり、今や繁盛レストラン。

ローカルの方々でごった返していました。

 

↑ バリでの朝食、市場メシ。

 

バリのおもてなし 家庭料理

(ビールはビンタン)

 

バリ観光地でのランチ

 

↑ バリ山奥の民家の台所

 

↓ そこで頂いたお昼ごはん。

最高に美味しかった、その家のお母さんの料理。

 

↑ コマンちゃんの家庭料理。

 

↑ 激辛だけど、香辛料たっぷりで奥が深~い パダン料理。

バンドン市内の人気店は、店内もテイクアウトも大盛況。

 

↑ バンドン市内のスンダ料理レストラン。

ローカルの方の食べ方をまねて、手で食べてみました。

今回は現地の方に食べ方のコツを聞き

あまりこぼさず、少し上手になったかも・・・・。

 

市場内の、テンペイゴレン屋さん。

テンペイは大豆の発酵食品、ゴレンは揚げる。

 

驚きの色使いは、南国ならでは?

バンドンの有名なお菓子屋さん。

 

その土地の空気を感じながら、

見たり 食べたり、話を聞いたりする事で

自分の中のどこかに、インプットされ蓄積されている感じがします。

 

毎回思う事は

やっぱり家庭料理が一番好きで、興味が沸くという事。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集 | コメントをどうぞ

市場

その土地の市場を見て歩く・・・

 

バリ島山奥の市場

 

野菜や果物、揚げ物

山積み。

 

陳列に工夫がこらされていて楽しい。

 

香辛料も色とりどり。

焙煎したカカオの実も売っていました。

 

そして・・・

ここは、ジャワ島の中都市バンドンの市場。

 

イモ類も豊富な種類がありました。

 

ビーツもありました。

どんな料理に使うんでしょうね。

 

手前は大きなアボカド。

チョコーレトと一緒にジュースにして飲みます。

これが美味しいの!

 

高原野菜の産地らしく、葉物野菜がどれも新鮮なのが印象的でした。

 

市場内に人が集まればそこはお店。

お洋服売りのお兄さん。

 

そして ↑ この人が売っているのは・・・・

 

ブラジャーでした。

 

ブラもカラフル。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集, 未分類 | コメントをどうぞ

ジャカルタで出合った日本食

日本の食べ物が海外で注目されていますが、

ここ近年インドネシアでも、例外ではないと感じています。

 

今回は、その事も自分なりにリサーチ。

ジャカルタホテルの朝食ブッフェの寿司コーナーにあった

wasabi は、彫りの装飾。

その他、紅生姜もありました。

 

”なると”  も!!

 

 

お寿司コーナーの お隣には・・・・

onigiri コーナー。

若いお兄さんが、”ぎゅ、ぎゅーーーっ ”と力を込めて握っていました。

左奥は、なんと全面七味唐辛子のおにぎり!!

 

日本食 = お寿司のイメージ ですが

おにぎり、お弁当も加わりつつあるみたいですね。

 

ジャカルタ中心街のショッピングセンター内のレストランメニュー

そう”かなり”でもない気もするが・・・

 

その他に、「優れた醤油でポシェ日本イカ」というのも・・・

謎のポシェ???何ポシェって??

 

↑ 間もなくオープン 日本食レストラン。

右のマークは、もしかして桜がモチーフ?

黒の花びらに、てんとう虫みたいな柄が !!

 

このセンスは日本人ではないと思われ、

なんちゃって日本食レストラン増殖中。

これからも、日本食のブームは続きそうですが

その国の人々の手によって、その国の食材で

違う日本食が誕生しています。

 

インドネシア日本食、今後の動向に注目です!!

カテゴリー: インドネシア, 料理 | コメントをどうぞ

バリの子供たち

 

今回は移動の多い旅でした。

 

韓国インチョンを経由して・・・

ジャカルタ → バンドン → バリ → バンドン → ジャカルタ

再び 韓国経由で小松着

 

遅ればせながら、印象的だった事柄を

いくつかブログに書いていこうと思います。

======

 ↑ 「油とって来たよー」

 

バリの子供達は、家のお手伝いをし、よく働きます。

 

店番

 

お供え物作り。

 

自分より年下の子供の世話。

 

掃除

 

お料理の下ごしらえ

 

そして、敷地内の神様へのお供え物とお祈り。

 

見ているこちらまで、気持が清々しくなる子供達です。

 

異国のオバチャンは、貴方達に学んだよ!

 

=======

小さな石窯体験教 2013 春

詳細が決まりました。→ ポチッ

 

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集 | 3件のコメント

テレビ朝日 食彩の王国<スパイススペシャル>

テレビ朝日、

土曜日朝の長寿番組【食彩の王国】

 

第459回『スパイス スペシャル』
スパイスの誘惑
~日本・インドネシア“香辛紀行”~
1月12日放送

日本国内でスパイスといえば、インド

エスニック料理といえば、タイ、ベトナムのイメージですが、

 

 

常々、生スパイスを多彩に使うインドネシア料理に、

もう少しスポットがあたっても良いのではないかと感じていたので

とても嬉しい特集です。

お揚げ、卵、鶏肉を、スパイスとココナツミルクで煮込む料理

<オポールアヤム>は、<白いおでん>と紹介されていました。

なるほど!!おでんね~。

 

古来からスパイスが繋ぐ両国の縁も紹介されていました。

そうそう、私がバリで体験した豚料理も!!

 

実は、この番組の企画時よりインドネシア料理や

スパイス事情について少々アドバイスさせて頂きました。

最後、協力の所に名前が!!!@@

 

Mさん有難うございました。

 

これからも、インドネシア料理、もっともっと勉強して

日本でも紹介したり、

日本の料理と融合させていけてらいいな~。

と改めて感じました。

カテゴリー: インドネシア, 料理 | 2件のコメント

鯖江市里山在住(だった)猪

インドネシアの台所道具

石臼

今回のお料理では、

香辛料を潰す為に使いました。

 

数種類の香辛料を香りたつまでじっくり煎って

 

すり潰す。

カキンコキンと響くは、

インドネシアの家庭の台所の音。

 

↑ フクイケン鯖江市の里山在住だった、

今年産まれた猪の赤身部分。

 

石臼で潰されたミックススパイスと共に大鍋へ!!

大きなお鍋でグツグツグツグツ煮込まれて、

エスニック味にとなりました。

 

このお料理は、鯖江市河和田地区で行われた

グリーンツーリズム全国大会第五分科会の交流会でお出ししましたが

他の猪料理一品と共に、出来上がりの写真を撮り忘れ!!

 

ガ~~~ン!!

=======

でも、お料理はご好評頂きました。(^^)

ほっと一安心。 

皆さま有難うございました。

======

ジビエを頂きながら、今後の里山環境を考える。

後回しには出来ない事なんだと感じました。

 

=======

カテゴリー: インドネシア, 料理 | コメントをどうぞ

旅の番外編

塩田に行ったら・・

だーれもいませんでした。

聞けば、村のお寺のお祭りで出払っているとか・・・・

 

諦めて帰る道すがら、お寺の前を通ったら

近隣の村からもお参りに来た人でごった返していました。

トラックの荷台で大人数移動可能・・・

 

ガス台前、お玉の横にに置いてあるのは ペンチ

その用途は・・・

鍋つかみ。

 

多分お鍋の持ち手も熱くなっていて

”持てない持ち手”になっているんだと思います。

 

 

たこ焼きも売っていました。

たこ焼き屋さんの、お祈りの時のお供えは・・・・・

 

たこ焼きでした。

 

旅の番外編、これにて旅ブログ本当に終了!!

 

========

季節の石窯パンセット「野の花便り」

ご予約受付中です。

=======

========

「小さな石窯を愉しむ体験教室」

秋になって再開しました。

只今、ご参加受付承り中です。

========

カテゴリー: インドネシア | コメントをどうぞ
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら