2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら

カテゴリー別アーカイブ: 料理

第2部はササキッチン

へしこ博士 小坂先生のお話の後は、
第2部として、
福井の旬をご紹介をさせて頂きました。

====
生産量日本一の、六条大麦
香ばしく焙煎された麦茶の試飲と共に
煮出した時の香りも体感 !!

私も商品開発に関わらせて頂いた
JA吉田郡 特産のニンニクや、ピクニックコーン、玉ねぎ等を使った
=====
「上志比にんにく」の手作りソース香房
5種類のソースもご紹介。

======
上庄里芋コロッケ等でご試食して頂きました。


従来の焼き肉のタレ

「深味 醤油」「濃厚 味噌」に加え

とんかつソース 「濃縮 野菜」

更に更に エスニックソースの

「スイートチリ」「辛旨サンバル」で

全5種類のラインナップです。
=====
まだ発売したばかりで、これからの商品。
地元の皆様にも知って欲しい驚きのソースです。
====

さて、次は昨年に引き続き今年も

「黄金の梅」をご紹介
皆様には、400gの梅仕事
ミニミニワークショップをして頂きました。
======
第3部はフリータイム

炊飯器と小坂先生を囲んで

へしこが乗っかったお茶碗片手に、

へしこ談義!?してらっしゃるのは
「 厳選日本酒手帳」著者 山本洋子さんと

(陰になってます。すみません)

「 酔い子の旅のしおり」著者 江澤香織さん

11月は、お茶碗ではなく杯を持って
へしこ談義して頂けるように、

次回に向けて企画中でーす。
========

丁度、一階の店舗では、
越前打ち刃物の産地から
iiza の包丁販売もされていたので

製造秘話や材料のお話もして頂きました。

包丁試し切り、
トマトがスパッ!!!と切れて皆さん感激♪
という訳で・・・

日仏合作ドキュメンタリー「千年の一滴 だし しょうゆ」

「フランス料理の主人公はシェフ。しかし和食は・・・日本列島そのものが料理人だ」

素晴らしいドキュメンタリーを制作された


柴田監督お買い上げ!!
有難うございました。
=========
終了後は、
皆様1階で沢山の福井の味をお買いもの。
=======
次回11月のササキッチンは、
「へしこパーティ」
より充実した内容で皆様をお迎えできるように
今から企画練っております。

次回も
沢山の方々のご来場お待ちしています♪

カテゴリー: 保存食, 料理, 未分類 | コメントをどうぞ

第2回「へしこの学校」

7月11、12日に、福井県アンテナショップ南青山291にて
ササキッチン旬の福井食彩フェアー  第2回「へしこの学校」が開催されました。

一部は、

へしこ博士小坂先生のお話と

国産、外国産鯖、漬け込み材料の違う
へしこの食べ比べ

味はもちろん、色も違えば香りも違う。
それぞれのへしこの特徴が、食べ比べるとよく分かります。
======

そして、今回はこの日の為に作って頂いた

南越前町 河野地区で食べられている

「へしこ寿司」(へしこのなれずし)もご試食頂きました。

油桐の葉っぱで包まれた<ごはんが挟んであるへしこ>
この後、重石をして漬け込みます。

=====

昔、10月のお祭り前には

へしこの塩抜きをする為に
山から流れる清流に、へしこがずらりと並んだとか・・・
=====
福井に住む私達でさえ知らない、
小さな地域の食文化は、まだまだ沢山ある。

===
こんな風に実際に作れる人が残っているうちに
その食文化が生きたまま残っていってほしいと

強く願わずにはいられません。
====

カテゴリー: 保存食, 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ

第一回「へしこの学校」

4月18、19日に、アンテナショップ福井南青山291にて

Sasakitchen 旬のふくい食彩フェアー
「へしこの学校」が開催されました。

福井の伝統的な魚の保存方法でもあり、

珍味でもある

「へしこ」を深く掘り下げる学校という事で

こんな学習帳も配られて、
始まりの合図はチャイム♪ という
オトナの遊び心もありながらも

超真面目な教室です。

一時間目は、ゲストである
へしこ論文で博士号をとられ

「へしこ博士」として地元では有名な

若狭高校教諭の小坂先生の
興味深くも、分かりやすいお話。
===

そして、休み時間は
撮影タイム!!

ご参加の皆様 ”へしこ”激写!!!!

1時間目の博士のお話で、
実は深い深い”へしこ”に
益々興味が沸いてこられたのだと思います。

続いては、

県内の様々な”へしこ”のご説明を
私の方からさせて頂きました。


今回は第一回目なので、
お魚別、
そして形状別に
ご紹介しご試食して頂きました。

へしこのお魚の種類

<鯖、イカ、シイラ、鰯、小女子>
======
形状の種類

<鯖一本、鯖半身、鯖切り身、鯖オイル漬け、>
<イカ1パイ、イカ切り身、オイル漬け>
<シイラ切り身、オイル漬け>

<鰯まるごと><小女子>
=======
お陰様でご参加の方々へのアンケートでは
全員の方より、(面白かった)とのお答えを頂きました。
皆様有難うございました。
=======

次回のへしこの学校は、
7月11、12日を予定しております。
へしこに加え、
季節の福井食材もご紹介予定ですので
是非、南青山291においで下さいませ。

=======

今回の「へしこの学校」
ササキッチンの常連!?でもある
酒食ジャーナリスト、地域食ブランドアドバイザーの
山本洋子さんのブログでもご紹介くださいました。
詳しく沢山の写真入りです。

是非ご覧ください
→ ポチッ

=====

福井県観光営業部ブランド課様
ふくい南青山291様
今回も有難うございました。

カテゴリー: 料理 | コメントをどうぞ

エスニック福井メニュー

「エスニック福井」生誕祭なので
今回は、時間をかけてスパイスも石臼で自作ブレンド

焙煎したスパイスを、潰していくと
幾種類もの香りがブレンドされて
新しい香りの素が出来上がる

粉末にする以外にも
生のものも同じくすり潰す

こちらも数種類をブレンドする

ピンボケすみません。
なんせ手が汚れてるもので時々こうなる。

=====

この料理の素ともいえるミックスされたものを

ブンブと呼びます。

それを土台に作られた料理

一番多くのスパイスを使用する

「ルンダン サピ」のケール添え
使用福井食材・・・・レモングラス、ケール

揚げゆで卵とトマト
「トロール バラド」ボリジ飾り

使用福井産食材・・・卵、トマト、レモングラス 、ボリジ


イカのターメリック野菜炒め

「チュミチュミクニンサユルゴレン」と 「世久見檸檬の炭酸水」

福井食材・・・レモン、イカ

茹で野菜のエスニックピーナッツソース

「ガドガド」
使用福井食材・・・厚揚げ

お鍋は、鳥のターメリックスープ

「ソトアヤム」

使用福井食材・・・厚揚げ、レモンクラス

ターメリック入り生野菜サラダ風

「アチャール クニン」

使用福井食材・・・レモングラス、お酢、グリーン葉物

青パパイヤサラダ

「ソムタム」

使用福井食材・・・パクチー、酢、

=====

その他、色々あって紹介しきれない。

香り米の周囲に、いろんなおかずを乗せたら
「ナシチャンプル」
ナシはご飯、チャンプルは混ぜる。

そして、テーブルのお花とグリーンは
エディブルフラワーとハーブなので、
食べれちゃうという贅沢!!

実際、話しながら

花やハーブの葉っぱをつまみ食い してました。

======

料理の写真は、上田順子さん
メニュー表、パクチー、世久見檸檬は、デザイナー大谷直子さん
エディブルフラワーやハーブ、葉物お野菜は、ワトム農園さん

======

次回も楽しみ♪

使用福井食材も増やしていきたいと思います。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集, 料理, 未分類 | 2件のコメント

エスニック福井 誕生会

それは、インドネシア料理をはじめとする
スパイスを使った料理の深みにはまっていきながら
あたためていた事柄

福井の食材で結構出来るよね!!

=====
エスニック料理。

=====
「それおもしろーい!!やろうやろう!!」
と、アカカンバアチャン繋がりの三人で盛り上がり

やっと実現しました。
「エスニックふくい」生誕祭!!??

エスニック好き、料理好き、食べるの大好きの人達が
各人の得意分野を生かし

参加する。

農家さんは、お野菜を!!
料理好きな人は、キッチンへ
キッチン向かないと自己判断した人は
お買い物へ・・・
デザイナーさんは、
あっという間に素敵なメニュー作成

バリ島山奥の市場で買ったカトラリーには
蒔絵師さんが アカカンバアチャン書いてくれて


初めましてだったり、お久しぶりだったり
それでも、<気>のいい人たちの集まりは
終始なごやかに、笑いのたえない時間となりました。

====
もしかしたら、スパイスは
人の心もなごませほぐし、
テンションも上がり気味になるのかもね。

各分野で自立し活躍されている方々
惜しみなく様々提供して下さって ありがとうございました。

=====☆☆☆=======

福井の伝承料理、伝統工芸、風、土、空気、海、山、里。
しっかりした土台を基に、新しい風。

全てにおいて、スパイス必要!!

とりあえず行動。とりあえず楽しむ。

エスニックふくい
=====☆☆☆=======

<写真撮影、料理写真家 上田順子。>
<場所 空き家利活用 リノベーションモデルハウス 朱種>
=====
次のブログでは
お料理の紹介をしますね。

カテゴリー: インドネシア, 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ

古民家での石窯料理

空き家利用リノベーションハウス「朱種」さんでの
薪オーブン 炎~~ほむら を使った料理の数々

焼き野菜、
様々な人参の彩がきれい。
そして何より、びっくりするほど人参が甘い!!


今回は、房付トマトをそのまま焼いてみました。

そして、たべる時には


カマンベールチーズを真ん中に置いて、
オリーブオイル、塩、石窯焙煎胡椒


味付けはシンプルに
石窯野菜スープ


サラダには、石窯で焼いた鳥モモをのせて
鳥のスパイスの効いた油をまとわせます。

冷凍だけど、冷凍で十二分に美味しい
おフランスのバター香る石窯クロワッサン


そうそう、こんなお野菜も
石窯に放り込んでおきました。


んでもって、デザートは
石窯焼きバナナ、キャラメルソースがけ

無人だった空き家
古きを残す所は残し、
ある部分は現代の暮らしに合う様にリノベーション することで
無くなるはずだった、貴重な建物が再度息づく。
====
====
その場に、薪オーブン <炎 ~~ほむら >
そのお料理も、古くてシンプルで新しい。

カテゴリー: 季節の写真集, 小さな石窯, 料理, 石窯体験教室 | 2件のコメント

古民家リノベーション

住む人の少なくなっている小さな地区
空き家 も増えている集落


そんな空き家をリノベーションした
モデルハウスとなっている 福井県敦賀市 「朱種」さんへ


昔の姿を残す所は


その、趣をそのままに。


そして、
現代の暮らし向きに合わせるところは合わせ


なんとも落ち着く空間です。

=====

先日そこで、NPO法人福井ふるさとサポートセンターさん主催
東洋文化研究家の
アレックス・カーさんの講演会がありました。

こういう素晴らしい方のお話がこういう雰囲気の中で聞けるなんて
本当に 幸せです。
主催された、NPO法人ふるさと福井サポートセンターの皆様
有難うございました。
====
実は、このお家の土間に

薪オーブン <炎~ほむら>が設置されました。

別の日に火入れした時の様子は、

次のブログでご紹介しますね。
素晴らしい、石窯料理が出来上がりましたよ。

カテゴリー: 保存食, 季節の写真集, 小さな石窯, 料理, 石窯体験教室 | コメントをどうぞ

白鶴銀座天空農園で伝統野菜収穫祭

3月7日、白鶴銀座での和食セミナー後
白鶴ビルの天空農園で育てられていた
福井の伝統野菜「勝山水菜」の収穫祭が行われました。


その時の農園での様子は、
白鶴様農園日記をご覧くださいね。→ポチッ

屋上農園での収穫祭の後は、
会場を移し、パーティが行われました。


勝山水菜のお浸し。


鯖のなれずし

その他、福井の幸の数々で
皆様、なごやかな中で
福井への理解を深めて頂ける時間に・・・・

======

<その土地ならではの食>や<越前和紙>
それらが、おもてなしの心を表し、
伝わったからこそ
皆様に満足して頂ける時間になったのではないかと感じました。
======
大切です。
福井らしさ。
====

カテゴリー: 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ

3月のササキッチン報告。本物を伝える

3月7日は、銀座白鶴ビルで

<白鶴×食の国福井 和食セミナー>と題し
===
翌日 8日は、
福井のアンテナショップ 南青山291にて

<旬のふくい食彩フェア Sasakitchen>と題し
福井の食を紹介させていただきました。
=====
今回は、

春を告げる伝統野菜「勝山水菜」や
ふきのとう
菜花糖などの
季節の食材もメニューに・・・

一日目は、白鶴さんの日本酒
二日目は、福井の地酒も 一緒にお楽しみ頂き
いつもとは違う別の愉しみも!!

日本酒に合わせて、
地元でも知る人ぞ知る!!
「大豆麹」のお話もさせていただきました。


クセのある味なのでどうかなー?との心配をよそに
皆さんに興味を持っていただき、
ほっと胸をなでおろした一品でした。
=======
今回は、
越前和紙産地のおかみさんの方々の集まり
「女紙(めがみ)の会」の皆様のご協力を頂き

越前和紙で、会場をしつらい

皆様をお迎えさせていただきました。

====
女紙の会様が折って頂いたのは、大小様々な白鶴。

又、純白の大輪のお花は、
越前和紙の花作家の五十嵐純子様の作品
ご協力有難うございました。

======
それらに、柔らかな風合いの和紙
レース状や、透かしの和紙を組み合わせました。


更に、南青山291の会場では、

地元の農家さんの野菜と、和紙のコラボ

=====

食も、伝統工芸も、

様々な福井の本物力結集です!!!

=====

首都圏での「福井」への関心の高まりを感じています。
だからこそ尚更、今まで以上に、

キチンとした情報発信をしていかねばと思っています。

カテゴリー: 保存食, 季節の写真集, 料理 | コメントをどうぞ

薪オーブン料理

怒涛の3月が終わろうとしていて
気づいたらブログを書いている時間も持てなかった日々でした。

書きたいことは山盛りですが、
先ずは、先日伺った素敵な場所

空き家利活用リノベーションモデルハウス

「朱種」さん。

:::::
ここに設置された、
薪オーブン 炎~ほむら



久々に、
<ほむら>で薪オーブン、石窯料理をしました。


このお家の持つ、独特の空気感・・・・

::::
海辺の村のこの地・・・
過去

ここでの暮らしが穏やかだった事がうかがわれます。

ゆったりとした時間の流れは、
石窯料理の時間の流れと調和する。

コトコト洋風土鍋でのシンプルスープ

石窯焼き野菜。

クロワッサン
鳥モモの石窯焙煎胡椒焼き。

イタリア野菜のサラダもたっぷりと。

最後のデザートは、
石窯焼きバナナキャラメルソース


やっぱり石窯時間は特別だなーー!!

======

この時間の流れと、
シンプルで特別な石窯料理
これを知ると何かが小さく変わります。
======

カテゴリー: 季節の写真集, 小さな石窯, 料理, 石窯体験教室 | コメントをどうぞ
2011年4月以前の野の花の活動については、こちらの旧ブログにて紹介しております。
旧野の花ブログはこちら