News!

バリの田舎料理

今回の旅では、いろいろな体験をしてきました。

 

先ずは、シドゥメン村に住んでいらっしゃる

亜希子さんのお宅での田舎料理体験をご紹介。

 

調理人はご主人のニョマンさん

(ニョマンさんゴメンナサイ。鶏に気を取られ、ニョマンさんの顔が切れてちゃってる・・・)

 

 

そしてお母さん。

ニョマンさんが手際よく鶏をさばき、竹に挟む。

鶏を挟んだり、縛ったりするのも周辺の竹等を材料に手作り。

 

そうそう、その鶏に香辛料を塗る刷毛も

ココナツの外皮で即席手作りされていましたよー。

 

私たちの思考は、道具が欲しければ「何処に買いに行こう?」

だけど、ここでは「何でどうやって作ろう?」なんですね。

そして、ココナツの殻を燃料にして・・・・・

 

  <鶏焼かれるの図 > 

手羽の角度がカワイくて、モモの角度が大胆(笑)

 

これを焼き始めた後の 台所の中 ↓

↑ なんかここにも 台所の神様が棲んでいそうです。

ちなみにお米は、こんな風にして調理するそう。

そしてなんと、ココナルオイルも手作り。

ちょっと写りが悪いですが、ココナツの白い部分を削り

竹を燃料に弱火で四時間煮つめ、浮いてきた液体がココナツオイルだそうです。

 

何でも手作り。

自然の恵みと智恵で作られた

バリ島田舎料理メニューは

フードソムリエ料理家ブログをご覧下さい →ポチッ

カテゴリー: インドネシア. この記事のURL.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です