News!

眠りから覚めた重箱

前ブログで書いた
ふくいフードキャラバン
<河和田暮らしの晩餐会>

====

始まるまでの
事前準備も大切な事柄。

場を自然の花で彩れるように

自宅庭の様々な盛りの紫陽花を、

バケツにいっぱい持っていき

野山の葉っぱを器にしようと決めていたので

知り合いの竹やぶに事前に使える葉っぱをお願いにいったり
朴の木をお持ちの方に、分けて頂けるように事前にお願いし
山へ採りに行ったり・・・

自宅の庭にある葉っぱを持っていったり
当日 現地で調達したり・・・・・

結構大変でしたが、
料理が並んだ場面を見たら、

苦労も吹っ飛ぶ!!

お重は地元の方にお願いしてお借りしたのですが、

それが、とても素晴らしいお重でした。

何でも、

ずっと蔵に眠っていたものを

この日の為に出してきて頂いたとか

この箱の中に入っていた新聞紙は
大正だったそうです。

↑ これは、もっと古いもので
捨てようと思っていたけど・・・・と
昔は、お鉢の代わりだったとか・・
====

これも使わせていただきました。

素敵です♪

====

この漆器の里のとあるお宅の蔵に

長い長い間眠っていた漆器が

いきいきと使われている!

======
このイベントによって
歴史ある漆器たちに、

料理が盛られ
人々の笑顔と共に手に持たれ
再び、息づいたという事。
======

素晴らしいと思いました。

=======
今回のフードキャラバンでは,

メニュー決定と、その一部の料理

*メインテーブルの紫陽花

*里山の葉っぱでの盛り付け

*重箱での提供

等の事前準備も含めての担当です。
=====

以下、作りあげたメンバーの方々。
皆さんの熱い想いの結晶ですね。

=====

制作 / 福井新聞社[ まちづくり企画班 ]・TSUGI
食空間プロデュース / 食工房野の花 代表 佐々木 京美・TSUGI
ワークショップ講師 / 中野 知昭・酒井 義夫・山口 大樹
調理 / 食工房野の花 代表 佐々木 京美・うるしの里いきいき協議会
協力 / ラポーゼかわだ・ろくろ舎・錦古里漆器店・松屋漆器店・小林農園・FLAT KITCHEN・林 里美
映像 / ホオズキ舎 長谷川 和俊
音楽 / shimazaki tatsuya

=======

是非映像もご覧くださいませ

(前半はワークショップの様子
後半は晩餐会の様子です)

カテゴリー: 季節の写真集, 料理, 未分類. この記事のURL.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です