News!

白菜消費にいそしむ

大玉白菜大量に頂いて、人にも差し上げ

自宅用には、新聞で包んで保存し。

 

せっせと消費活動に励んでおりますが、それにも限界を感じ・・・

この所はもっぱら・・・

↑ 甘酢漬け。

下の部分は、縦に棒状に切るのがポイント。

シャキシャキ感残ります。

 

 

容器に、ザクザク切った白菜入れてスタンバイ。

片手鍋に、お酢と同量のお水、お砂糖、お塩を入れて

沸騰直前で火を止めて、白菜にジャーーってかけて、

ギューッて何度か押さえて少ししんなりとさせる。

白菜に少々の”やられた感!”が出たら、蓋をして冷蔵庫へ。

翌朝・・・・

食べれる。

いいお酢使えば、お酢もゴックン飲みたくなります。

(私は飲んだ!)

 

お砂糖はお好みですが、個人的には甘酢が好きなので気持多め。

 

 

柚子や唐辛子、ローリエ、胡椒なんか加えてもいですね。

花椒入れれば、しびれしびれて中華風。

 

この日は、九州土産で頂いた黄色い唐辛子入れてみました。

(有難うAさん、これに使いました~。)

カテゴリー: 保存食, 料理. この記事のURL.

関連記事

白菜消費にいそしむ への3件のコメント

  1. 内匠久子 より:

    佐々木さん。FBでは交流して頂いて有難うございます。まだお会いしてきちんと挨拶も出来てないのに、お尋ねしてしまう事の失礼をお許し下さい。先日行われた福井パン祭りで、参加されてみえたので、少しお聞きしたいのですが、出展料とかどの位パンを提供されたのか?私はその場に少ししか居られなかったので、パンが完売された後は皆さん達はどうされてみえたのか?等、教えて頂けないでしょうか?実は春辺りに名古屋でもパン祭り成るのが行われるんですが、スタッフとして私も参加するのと何せ初試みなイベントだけに色々と解らない事も多く、お力添えをお願い出来たらと思います。話して頂ける範囲で構いませんのでどうか宜しくお願いします。年末年始のお忙しい所とも思いますので、お手すきの時にでもお願いします。突然のメールも大変失礼しました。

  2. 野の花工房 より:

    内匠様
    いつも有難うございます。
    ふくいパン祭りの詳細は、稲垣さんがよくご存知ですよー。

    私は、炎のワークショップの担当だったのですが、
    パン完売の後は、みなさんここのエリアで、
    祭りの雰囲気を愉しんでいらっしゃる方もおおかったと思います。

    初めてって、手探りで期待や心配が入り混じるものですよね。
    名古屋での開催と成功を福井からお祈りしています。(^^)

    • 内匠久子 より:

      佐々木さん。心温かい返信有難うございます。稲垣さんに又尋ねてみます。もし、イベントが実現できそうな見通しが付いたら又連絡させて頂きます。そちらはかなり寒いですか?お体ご自愛下さい。又遊びに来ますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です