News!

旬の里ふくいvol33

企画発行

福井県農林水産部販売開拓課 

「旬の里ふくい 」 vol33 にて

 

 

福井の伝統的食文化の地元流&新しい食べ方紹介

4ページの撮影に協力させていただきました。

 

 

地元流は、大根おろし。

そして、翌日には甘辛く煮付ける。

焼いて煮付けたのは、又味が違うんですよねーーー。

身をほぐして、煮汁を浸して、白いご飯と共に食べるのがウマイのよ。

 

 

新しい食べ方は、キムチと共に生春巻きで巻き巻き。

 

 

へしこは、お茶漬け。

へしこlove

 

 

新しい食べ方は、へしこのバーニュカウダ!!

これがね、美味しかった。

「お酒持ってきて~~。仕事してる場合じゃない!!」って感じ

 

 

 

小鯛の笹漬けは、もずく酢、そして押し寿司

 

 

新しい食べ方レシピは、セミドライトマトと一緒にオイル漬け

 

 

花らっきょうは、天婦羅とポテトサラダ。

ラッキョウって小さくて、色も白。

なので、梅酢でほんのりピンクにしてポテトの上にあしらいました。

我が家の無花果も、ポイントで良い仕事してます。

 

 

新しい食べ方は、花らっきょうドッグ。

串に刺したらっきょうに、カレー味のご飯を覆い、牛肉で巻いて照り焼き。

撮影後の大試食会でも好評でした。(^^)

 

福井県の食を県外にアピールする冊子という事で

スタイリングには、越前和紙、越前漆器、越前焼きを多く使いました。

 

このページ撮影を一緒に作り上げてくださったお二人、

有り難うございました。

 

===================

「神無月 野の花便り」残り僅かとなりました。

「小さな石窯を愉しむ体験教室」お申し込み受付始まりました。

=================

カテゴリー: 料理. この記事のURL.

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です